27インチiMacが2020年バージョンとしてリリース。コスパモデルからハイスペックまで!

ダイコクナオキ@ガジェットバカ(@N_Daikoku)です。

なんの音沙汰もなく、27インチiMacが2020年モデルとしてバージョンアップしました。CPUは第10世代の10コアCPUまで搭載、SSD標準となったモンスターマシンとなっています。

iMacのバージョンアップは27インチのみ

今回のバージョンアップは27インチのみで21.5インチはそのまま。一部のみのパワーアップとなりました。

27インチではCPU、GPU、メモリ、FaceTimeHDカメラがパワーアップ。

  • 27インチRetina 5Kディスプレイ
  • 最高で10コアのIntel Core i9プロセッサ
  • 最大128GBのメモリ
  • 最大8TBのSSDストレージ
  • 最上位構成はRadeon Pro 5700 XT(16GB GDDR6メモリ搭載)

スペックだけ見てると、結構デスクトップの良いやつ。メモリ関係はもうワークステーションレベルとなっています。

スペックが良い分、価格も良い

基本的にメモリ量が多くなると値段がすごく高くなる傾向はあるけど、全て盛り盛りで値段を見てみると・・・

899,800円!!

でも、100万円は切ったね。iMacProに比べれば値段は抑えられている・・・が、これだとiMacProと立場が逆転しているものも出てきてますね。

ただ、ベース価格はだいぶ落ちてる

27インチモデルは194,800円から。

  • 標準ガラス
  • 3.1GHz 6コア第10世代Intel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.5GHz)
  • 8GB 2,666MHz DDR4メモリ
  • Radeon Pro 5300(4GB GDDR6メモリ搭載)
  • 256GB SSDストレージ
  • ギガビットEthernet
  • Magic Mouse 2
  • Magic Keyboard – 日本語(JIS)

DDR4メモリは27インチの場合は独自で拡張出来る。その他は変更不可だけど、SSD積んでて、5Kディスプレイでこの価格ならだいぶ安くなったよね。

まとめ

Intel Macは今後フェードアウトしていく事が発表されているので、超高性能の物を買っても微妙かもしれないが、逆に今の時点でガリガリと使うよ!っていう人は今のうちに購入したい一台になるよね。

何事も出始めっていうのは不安定になりやすい傾向にあるので、ある意味「最後のintel Mac 」として確保するのはアリかも。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。