iPad mini5ことiPad mini 2019モデルが発売されたよ!

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

愛してやまないiPad miniの2019最新モデルが発売に。長かったminiモデルの最新バージョンのリリース!これは期待しかない!

iPad mini5ことiPad mini 第5世代モデル

Appleは命名規則を途中からちょこちょこと変更する。iPad miniも4までナンバリングされていたのに、2019年の最新モデルでは「iPad mini」で販売する。

他のApple製品もナンバリングしているものがなくなっているので、今はそういう方針なんだろう。しかし、次製品が出てくると途端に分かりづらくなるんだよね。

iPad mini 第5世代の特徴

iPad mini4がリリースされたのが2015年9月になる。このため3年半ぶりの新機種になるからiPad mini4比で3倍高速なCPUが搭載されている。CPUはiPhone XSに搭載されているA12 Bionic。一気に最新になった。

容量は64GBと256GBの2種類が用意される。欲を言えば128GBがあると嬉しかったが、仕方のないことか。

また、第1世代のApple pencilにも対応しており、メモ帳感覚でも使えるようになった。

変わらずなのは指紋認証であるTouchIDを搭載している点。iPad ProがFaceIDに移行したのに対して、差別化されている。ただ、FaceIDの方が利用に関して優れている訳ではなく、それぞれに一長一短がある。

ディスプレイに関しても、「いまどき」のiPadの性能を備える。iPad mini4からすると一気にレベルが上がったように感じる。

  • 7.9インチ(対角)LEDバックライトワイドスクリーンMulti-Touchディスプレイ
  • 2,048 x 1,536ピクセル解像度、326ppi
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • True Toneディスプレイ
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • フルラミネーションディスプレイ
  • 反射防止コーティング
  • 1.8%の反射率
  • 500ニトの輝度
  • Apple Pencilに対応

価格は45,800円から77,800円

製品の組み合わせは、容量2パターンと通信方法2パターンの計4パターンから選択できる。価格は最新の機能満載の割には結構安いように感じてしまう。

同じCPUを搭載したiPhoneXSやCPUが強化されたiPad Proの開始価格が10万円前後ということを考慮すると、FaceID部分にお金かかってそうです。

まとめ

iPad miniサイズは持ち歩きに、読書に最適な端末だと感じている。iPadもiPad miniも両方使っているが、個人的には断然iPad miniの方が使いやすい。

そんなiPad miniの最新モデル。一時期は絶版とまで言われていたminiモデル。これは買うしかないと感じております。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。