iPad mini @2019は俺史上、最高に使えるiPad端末だった!

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

2019年3月に発表されたiPad mini、早速購入して使ってみてる訳だが、この端末は自分史上、最高に使えるタブレットだった事が分かってきた!

これは俺的情報革命の扉が開いた瞬間かもしれない!

そんな事を思ったのでみんなにシェアするのだ!

iPad miniのサイズ感


iPad miniは7.9インチのディスプレイを持つiPadの中では最小の端末だ。このサイズ感がちょうどいい。持ち運びにも邪魔になりにくく、かつ大画面。

以前、iPad4(9.7インチディスプレイ)を持ち歩いてみた事があったが、流石にいつも持ち歩くというコンセプトとして使うにはサイズ的に邪魔になるケースがあり、持ち歩くのを辞めてしまった。それと比べるといつでも持ち運べる相棒とも言える。

個人的にはiPad miniのサイズ感がビジネス書の単行本サイズに近く、持ち歩いても違和感がないのが大きい理由だと思う。

iPad miniでApple Pencil(第一世代)対応


これ、個人的に1番刺さった発表だった。待望、本当に待望。このApplePencilに対応するってのは持ち運べる端末でいつでもメモ取れるじゃん?って事を連想させる。

iPad miniのサイズ感が好きでiPad mini4(@SIMフリー)を中古で購入したが家の中ではめっちゃ使っていたが、外にはあまり持ち歩かなかった。理由は「外で使う理由があまりないから」

iPad mini4でも市販のスタイラスで書こうと思えばメモは取れる。んが、描いたものが反映するのに1.0秒前後で後追いになる。これがめちゃくちゃ違和感があって使いにくかった。なんか、反映が遅すぎて思考を強制停止させられるような。結局メモりたい事がメモれないという本末転倒な感じだった。

Apple pencilに対応したので即座に反映されるのは嬉しい。速記で書くと一瞬遅れて付いてくる感じでそんなには違和感はなかった。それよりも気軽に持ち運べるサイズでメモがスラスラ取れるということの方が重要だったりする。

Apple Pencil(第二世代)が発売されているのになんで第一世代にしか対応してないんだよ?って思ったりもしたが、iPad miniの形状であればそれは致し方ないのかもしれない。2018年度に発売されたiPad ProがNew iPadデザインとするなら、iPad miniはOld iPadデザインを採用している。第二世代ではマグネット接続によるワイヤレス給電だが、Old iPadのハードウェアの構造がそれに対応できるものとなっていない。

3年間アップデートされなかったiPad miniはこのままフェードアウトするっていう報道もあったくらい「あまり売れてないない」端末だったよう。今回のアップデートは「なんか、熱狂的なファンがいるから一回出してみるかー」的な形でリリースされたのかもしれない。だからコストがかかる設計変更をしなかった・・・と。だから今回みんなが購入して「あれ?売れるじゃん!」ってなればNew iPadデザインのminiが出るかもしれない!(希望)ってことでみんな買おう!(違)

サクサクサクサク


iPadの使い方にもよるが、ダイコクの主な使い方としては

  • 電子書籍
  • ブラウジング
  • スケジュール管理(今回導入)
  • メモ、ノート(今回導入)

くらいかな?

動作速度的には正直、iPad mini4でも特に困ってなかった・・・いや、困ってないと思っていた。iPad mini @2019に変えてからの、これらのサクサク動作たるや「爆速」である。いや、普段使っているiPhone XS Maxと比較すると同等クラスなんだけど、いつの間にか、「iPad miniは遅いもの」として脳内変換していたの知れない。

今回のアップデートで

  • CPU処理能力は3倍
  • グラッフィク処理能力は9倍

と3世代ジャンプはインパクトがある。そして、普段使いでiPad mini4を使っていた身としては感動したレベル。すぐに慣れてしまうと思うので、使い始めての感想を書いておこうと思った。

電子書籍をしっかり読むなら最良端末


これはiPad mini@2019だから!って言うわけではなく、iPad miniやiPadに関するお話。

ダイコクは電子書籍を好む。本は結構好きで読むんだけど、場所を取る問題があるため、電子書籍は重宝している。ただ、電子書籍だと内容があまり入ってこないなぁーって思ってた。でもそれは勘違い。

内容があまり入って来なかったのは、「iPhone端末サイズで読むと」という条件がついた。iPadで読んだら結構捗る。恐らく、1画面あたりの文章の長さの問題じゃないかと考えている。

本は比較的1つの話題について書かれている内容が長い。iPhoneで読む場合、その1つの話題に対して「めくる」動作が多く発生する。1画面の情報量が少ないと言い換えてもいいかも知れない。

どうやらダイコク的には「めくる」という動作はある意味、脳内リセットしているように感じる。だから画面サイズの関係でめくる動作が多くなるiPhoneでは内容が入って来づらいのだ。

その点、iPadは1ページの情報量が多いので理解しやすい。しかし、iPadサイズになるとちょっとゴロ寝しながら・・・では腕が疲れる。その点、iPad miniサイズは軽いのであまり負担にならない。

上記の観点からダイコク的にはiPad miniは電子書籍リーダとしてはマストなのである。

まとめ


iPad mini@2019は買って損しない端末だ。もし、8インチサイズの端末を探しているならば速攻で手に入れるべきだと思う。いや、むしろiPad miniは今回の2019モデルの売上実績次第では無くなるサイズかも知れない。だからこそ販売しているうちにまずはゲットすることをオススメする。

もちろん、たくさん売れて、次のバージョンが出るのが一番嬉しいが、まずは使ってみるのが良いと思うのです。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。