リモートデスクトップでWindows10に接続NG。ユーザ名/パスワードが違う原因とは?

ダイコクナオキ@ガジェットバカ(@N_Daikoku)です。

MacからWindowsPCにリモートデスクトップで接続しようとした際にハマった話。Windows同士でも有効。解決したのでシェアします。

WindowsPCにリモートデスクトップ接続するための条件

まず前提として、Windows10 Homeではリモートデスクトップの接続される側(ホスト側)にはなれません。ここ、ちょっとしたポイント。

接続する側にはなれるが、接続される側にはなれない。Windows10HomeとProとの機能の違いで明確に謳っています。ので、一般的にはWindows10Proが必要になります。

ただし、フリーソフトを利用して接続する方法もあるにはありますが、Windowsのバージョンが上がると利用できなくなるので安定性に欠けます。Pro版にのみ搭載される機能を使えるようにする「穴抜け」のような方法なのでMicrosoftがその穴を塞いでいる感じですかね?

会社で何気なく使っていることの多いリモートデスクトップですが、会社の場合はWindows10Proを利用するケースが多いので気にせずに使っている感じですね。

MacからWindowsへのリモートデスクトップ

Microsoftが正式にリリースしている「Microsoft Remote Desktop」アプリを利用します。MacのAppStoreからダウンロードできるので名前で検索してインストールします。

んで、Edit画面でIPアドレスとか、接続ユーザ名・パスワードを入力していざ接続!・・・っていう段階で問題発生。

リモートデスクトップに繋がらない

IPアドレスを認識できなくて「Timeout 」で終了するパータンもあったが、それはなんとかなった。ただ、繋がらない。

「Invalid login credentials. Please re-enter.」

意訳すると、「ユーザ名かパスワードが違うよ」って言われる。

いやいやいや・・・合ってるよ?だってそれでWindowsPCにログインしてるんだものさ!

意外なポイントはユーザ名にあった!

合ってると思えば思うほど、他の原因にしたくなる。しかし、IPアドレスを確認しているときにふと思ったことがあった・・・

あれ?ユーザ名、ログイン時に表示されるのと違わね?

そうなんです、初期セットアップ時に入力した名前が日本語だったのでユーザ名をアルファベットに変えたんだった。

これ、エイリアス(別名)が付くだけで元名は変わらないのか!!

ということでログインユーザ名を日本語に変えたら無事に接続できました!

まとめ

名前変えたとか、長く使っていると忘れるポイントも多くなる。

気をつけておきましょ。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。