iPhoneXのFaceIDが注意が必要?正しく理解して安全に使おう

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

iPhoneXに搭載される認証機能「FaceID」。これとても便利そうですが、便利な分だけ落とし穴も?正しく理解して安全に使いたい!

※このエントリは2017/9/17(iPhoneX発売前の推測になります)

とても精度の良いFaceID認証機能

認証機能である「FaceID」は顔を3D的に登録する(登録時にiPhoneを右に左に動かして立体的に認識させる)事によってどんな場面でも精度良く認証する事ができる仕組みだ。

どうやら写真では反応しない仕組みとなっているらしい。

結構便利そうだと思っていたのだが、一点きになる事が出てきた。それは「寝てる間に盗まれる可能性があるのではないか?」ということ。

FaceIDは非接点で認証ができてしまう

FaceIDのPointは「本人とは非接点で認証できる」というところ。iPhoneXを赤の他人の第三者が持って、画面を「本人」に向ければFaceID認証ができてしまうのでは?というのが今の懸念点。

例えば、新幹線等に乗っていて、テーブルにiPhoneXを置きっぱなしにして寝ていたとすると、そっと誰かが持って行こうとしても気づかないのでは?

例えば、夫婦や恋人が持っていて相手が寝てる隙にFaceID認証してこっそりとスマホチェックをされてしまうのでは?・・・とか。

まぁ、「目をつぶっていたら認証されない」という仕組みになっているのであればこの危険性は回避できるかもしれないけど、「サングラスをかけていても認証できる」ということなので、多分、認証されるんじゃ無いか?と思ってます。

FaceIDを使う人はその仕組みを正しく理解しておくのが良い

因みに、この方法でiPhoneXを盗まれても、初期化はできない。なぜなら初期化する際にはパスワードが求められるから。だから実際には盗まれることは少ないかもしれない。ただし、パスワードをハックされる可能性はあるから、「複雑なパスワード」にするのは忘れずにね。

すごい便利になっていく分、それに対するリスクも考えておく必要がある。便利だから使うっていうのは間違ってないけど、そこには「悪さしてやろう」と思う人も一定数残念ながらいる。と、いうことを忘れてはいけない。

まとめ

FaceID、とても便利そうだけどアプリ購入とかの場面でどのように承認されるのか
?とかとても気になります。するするっと通ってしまうのかな?

新しい技術はハテナがいっぱい。それがワクワクしますね。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。