iPhone XRを見てきたら、結構アリなんじゃないか?と思った件

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

先日発売されたiPhone XRを近くの家電量販店のケータイコーナーで見てきたので感想をば。

iPhoneXSに遅れて発売されたiPhoneXR

2018年のiPhoneのフラグシップ機といえばiPhoneXSシリーズ。高解像度なSuper Retinaディスプレイは有機ELを搭載。でもそれだけに非常に高価な値段設定となってた。

自分もいろいろあって安く買えたんだが、そうでなければ見送るレベルだった。

iPhone XS Maxをゲット! やっぱり購入してみてよかった顛末記

2018.09.25

そんなiPhoneにあって、Retinaディスプレイと液晶画面の組み合わせにしたiPhoneXRが1ヶ月ほど遅れて発売された。

フラグシップ機がある以上、それ以下の「廉価版」と称されてもおかしくないiPhoneXRをiPhoneXS Maxユーザのダイコクが触ってきた

思った以上に普通にiPhoneしてる。画面は大きくてとても使いやすい

廉価版っていうと「劣化している」という風に捉えがちだが、画面の見た目の印象は「普通に綺麗」だった。iPhoneXS Maxと比較しても画面が荒いとかは感じなかった。液晶画面も非常に彩度が高くて綺麗。

しかも、画面サイズがiPhoneXSよりも大きい6.1インチ。画面は大きいほどに使いやすいと感じているダイコクにとっては廉価版といえど、iPhoneXSを買うならiPhoneXRを買うな・・・と思わせるサイズ感。

ベゼルや厚みは思った以上

ベゼルの太さや厚みに関してはiPhoneXSと比べると結構分厚い。イメージ的にいうと、iPhoneXSに一般的な厚みの保護ケースを付けたサイズ感がiPhoneXR。

iPhoneXRにケースを付けると結構厚みが気になるんじゃないかな?

カラバリは羨ましい

iPhoneXSはギラギラのシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色から選択。それに比べてiPhoneXRはブルー、ホワイト、ブラック、イエロー、コーラル、ProductREDの6色の中から選択が可能。

これだけのカラバリがあるのは正直羨ましい。展示機はホワイトだったけど、結構しっかりとしたホワイトでiPhone4Sを思い出す感じだった。

内部性能はiPhoneXS、XRと共通だからディスプレイ性能が気にならなければ全然アリ

搭載されているCPUはXS、XR共に同じ性能だ。メモリに関してはXSが4GB、XRが3GBとなっているが、iOSはメモリ管理が上手でiPhoneXに関しても3GBだったのであまり気にする必要はない。

なのでメモリが気にならず、画面性能も見比べてみて気にならなければXRを買うのも全然ありなレベルの製品に仕上がっている。

画面を見比べる・・・と書いたが、大多数の人は違いについて分からないレベル。比較して、粗探しして・・・って感じ。

まとめ

そんなこんなでiPhoneXRの触ってみたレビューでした。個人的にはiPhoneXS Maxが安く手に入ったのでこれでOKだが、iPhoneXを使っていて、画面が狭いなぁと思ってる頃だったら、iPhoneXRを買ってたかもしれない。

あれ?だからこそAppleはXRの発売を1ヶ月遅らせた・・・のか?(いや、カラバリ準備日数だと推測)

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。