中秋の名月を激写!カメラ撮影が上手くなりたいなら月を撮ると良い

2015年9月27日は中秋の名月でした。

旧暦の8月15日の事を中秋の名月と呼ぶとサザエさんで波平さんが教えてくれましたよ。

Moon 150927

中秋の名月は満月or満月に近い状態

今回撮影した写真も良ーく見ると、左側が若干欠けて見えます。2015年は9月28日が満月です。でも秋は空気が澄んでいてメチャメチャ綺麗に月が見れます。それは写真を撮ってもよく分かる事で、一眼レフで撮影したのが上の写真です。

素人が一眼レフで月を撮影するコツを紹介します | ワクワクラボ 月を撮影するコツ

 9月28日はスーパームーン

綺麗に見えるもう一つの理由は「月と地球の距離が一番近いタイミング」のスーパームーンである事もあり、写真撮影もいつも以上に楽です。

望遠のレンズは持っていないので、APS-Cの135mmで撮影するとこんな感じ(F5.6、1/800秒で撮影)

IMG 6793

あまり撮影になれていないミラーレス一眼では以下のような感じ。下手すぎる。

マイクロフォーザースの42mmF5.6、1/4000秒で撮影

P9270003

拡大したのがこちら。ボケてる。

Moon e m10

マイクロフォーザースの方は全く望遠じゃないレンズなのでだいぶ苦戦。そして、ホワイトバランスの調整やらマニュアルフォーカスやらの方法が分からなくて四苦八苦して撮影しました。明日のスーパームーンまでに使い方を覚えておこう。

写真を撮り始めると月を撮るのが楽しくなる

今回、一眼レフ機で撮影した月が非常に綺麗に撮れました。左下のクレータまでクッキリハッキリ!!これは撮影していてテンションが上がりますね。

月の場合、光の取り込み具合とかを調整しないと月の模様が出ません。このため、マニュアル調整が必須でカメラを覚える良い機会です。カメラを覚えたいけど普段はオートで撮影している方がいれば是非、月の撮影にチャレンジしてみてください。

by カエレバ
by カエレバ
広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。