マウスが壊れたのでサポートに連絡してみた

今、ワタシが会社で使っているマウスはロジクールのM570というワイヤレストラックボールマウス。一時期、なんかよく分からないけどトラックボールマウスがブームになっていろいろな種類が売っていたけど、今はもうロジクールとマイクロソフトとサンワサプライくらいしか見なくなった。 <追記>あれ?マイクロソフト、トラックボールマウス製品群に無い!ええーー??!!

そんなトラックボールマウスが壊れた話。

恐怖!チャタリング現象

チャタリングとは、可動接点などが接触状態になる際に、微細な非常に速い機械的振動を起こす現象のこと(Wikiより)である。 簡単に言うと、クリックたはずなのにダブルクリックになったり、ドラッグ&ドロップでファイルなどを移動しようとすると途中で解除されてしまう現象。ファ イルのドラッグ&ドロップは結構な問題。ファイルを別のフォルダに移動をさせようとしている時に発生すると「どこで落としたか分からない」となってしま う。 会社で使っているマウスなので仕事にも影響が出る。最初は自分がボケたか?とか疑ったが、そんなことはなかった。

購入は2012年09月

ヤマダ電機で購入したことだけは覚えていたので、ヤマダ電機のアプリから購入履歴を追うと購入は2012年09月だと判明。この商品は3年保証の為まだ保証内。しかし、保証書は保管していなかったので証明できるものはこのアプリの購入履歴のみ。

ネットで情報収集

インターネットを確認すると、ロジクール製品のチャタリング現象はよく発生する様子。使っている接点スイッチが共通部品で壊れやすいんかな? サポートに相談すると、M570は売っておらず、後継機のM570tとの交換になる模様。M570とM570tの違いは見た目上は全く同じで内部のスイッチメーカを変更しているのと、保証期間が1年に短縮されているらしい。やっぱり壊れやすいのか? 自分が調べた情報がネットにアップされたのが発売から3年経ってないタイミングの記事だったので、保証書見せずに対応してくれた等の情報があるが、今では 3年以上経過しているため、証明できるものが必要そう。自分の場合は保証書捨てたのでヤマダ電機の購入履歴が買った唯一の証明。

サポートセンターに連絡してみる

ロジクールのサイトからユーザ登録を済ませ、サポートから交換出来る?との問い合わせを先ほどしてみました。 結果は後日お伝えしますよ。

トラックボールマウスは便利

使い方にひと癖ある為、いまいち普及しないトラックボールマウス。しかし、マウス自体を上下左右に動かす必要が無いため、限られたスペースの中で使うにはこれほど便利なことは無いと実感できます。細々とでも良いので是非、ずっと作り続けて欲しい一品です。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。