PolaroidSNAP。その場ですぐにプリントアウト出来るデジカメの登場

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

面白アイテムがPolaroidより発売。プリンタ内臓のデジカメ。すごいね、コレ!

Polaroid Snap

PolaroidSNAP

PolaroidSNAPは一見すると一般的なデジカメなんですが、他の製品との違いは「その場でプリントアウト出来る」事。

そうなんです、プリンタ内臓のデジカメ。凄い。

一見、トイデジカメなんですが、その性能は抜群。

もともと、Polaroidはインスタントカメラを得意とするメーカ。

そこにデジタル化を持ってきたわけですね。ジャンル的にはインスタントデジカメという新しいジャンル。

Polaroid

印刷はその場で

専用フォトペーパー「ZinkPaper」を使う事により、印刷が可能。紙とインクがセットになった(?)用紙。

5×7.6cmのサイズの用紙です。

仕組みはホームページにて。インク代を考えなくて良いのが新しいですね。

定価ベースで考えると、1枚87円。ちょっと割高だけど仕方ないですね。

このZinkPaperは裏側がシールになっているので遊べます。

結婚式とか、イベントで利用すると楽しそうですね。

Polaroid

デジカメとしてデータの保存も可能

インスタントカメラはその場で印刷して、フィルムとしては残せなかった。

今回のPolaroidSNAPは、デジカメとしてSDカード内に写真データを残す事も可能。

32GBまでのSDカードに対応しています。

まとめ

これは新しいタイプのデジカメ。

値段は17,280円と結構安い。カメラ性能も1000万画素と結構よい。

 

カメラはコダワリのカメラを使って印刷だけしたいというユーザのためにモバイルプリンターも発表しています。

 

カメラは充電式なので使うときには充電しっかりと。
一台持っておくと、イベント等で活用出来るアイテムですね。

 

 

 

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。