ZenFone3 Max 5.5 ZC553KL!正常進化モデルが登場してた!

ZenFone3Max

ダイコクナオキ@ガジェットバカ(@N_Daikoku)です。

ZenFone Maxといえばダイコクが絶賛しているAndroid端末。その後継機となるZenFone3シリーズの中で発売されたZenFone3 Max 5.2インチ(ZC520TL)は値段を極力抑えた立ち位置として登場していて全く興味をそそられなかった。

しかししかし!上位機種版として登場したモデルZC553KLは真のZenFone3 Max!これは買いの一台がやってきた!

ダイコク的サブ端末に求められる事

iPhoneがメイン端末となるのはこれまで通り。このため、ZenFoneを含めたAndroid端末はサブ端末として使う事になる。

サブ端末に求められるのは以前のエントリにも書いたのだけど
・バッテリー持ちが最高に良い事
・ある程度のサクサク感

この2点がポイントとなる。特にバッテリー持ちが良い事は非常に重要となる。メイン端末の場合は肌身離さず持ち歩く事が多いが、サブ端末は休日等出かけるときにだけ持ち歩く事が多い。このため、1回の満充電で1日そこそこガッツリ使っても余裕で持つだけのバッテリー容量は欲しい。

そういう意味で言うと初代ZenFone Maxは5000mAhに対してZenFone3 Maxシリーズは4000mAhと若干パワーダウンしているのがちょっと残念なポイント。

それでも他の端末に比べて1000mAhもバッテリー容量が大きいのは大きなポイント。

今回発表されたモデルの特徴

ZenFone3Max
今回発表されたモデルは従来のZenFone3 Maxと比べても余裕で良いスペックとなっている。

それがこちらの図で見てもらうと分かりやすい

内容ZenFone3 Max ZC553KLZenFone3 Max ZC520TLZenFone Max ZC550KL
CPUSnapdragon430MT6737MSnapdragon410
CPUコアオクタコア 1.4GHzクアッドコア 1.25GHzクアッドコア 1.2GHz
メモリ3GB2GB2GB
ROMサイズ32GB16GB16GB
画面サイズ5.5インチ5.2インチ5.5インチ
画質FullHDHDHD
バッテリー4000mAh4000mAh5000mAh
標準OSAndroid6.0Android6.0Android5.0
重さ175g160g202g

すべてのZenFone Maxの上位互換機となる性能

ZenFone3Max
初代ZenFone Max ZC550KLが搭載していた5000mAhのバッテリーではなく、4000mAhのバッテリーになったのはちょっと残念だけど、CPU・メモリ共に今時のミドルスペッククラスの性能を持つようになった。

これならゲーム等をしない普段使いならサクサクこなせそう!

まとめ

ZenFone3 Maxはロースペックでバッテリー強化されたモデルになってしまったと思っていたら、性能もアップした正常進化バージョンも出してくれたこれは大きいですね。

普段使いでも困らない性能というのはとても嬉しい限り。

・・・というエントリを書いていたら、ZenFone4 Maxの海外発表が。日本に入ってくるのはもう少し先だけど、楽しみな端末が増えてきてます。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。