Mac、iPhoneのライティング環境「Ulysses」の月額版(サブスクリプション)導入してみた

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

先日、リリースされたUlyssesの最新版(サブスクリプション版)をダウンロードしてみました。ちなみに、ダイコクは以前のバージョンから使っているので表示される価格等は「優待価格」になってます。

UlyssesはMac、iOS合わせて1つのアプリに

Ulysses

これまでのUlyssesはMac版とiOS版と2つの独立した買い取り型のアプリケーションとして存在していました。

今回のバージョンアップで月額(年額)支払いのサブスクリプションに移行し、1つの支払いでMac、iOSともに利用出来るようになっています。なので!MacとiPad/iPhoneを持っている人はなんだかお得な気分ですね。

導入してみた

導入はAppStoreから。

最初は無料で入手可能なのでポチるだけ。14日間のお試し期間が付いてます。14日経過すると読み取り専用になり、お金を支払うと継続利用可能となります。

なのでデータが消える心配はなさそう。

使い方としては導入→アプリアイコンクリックでOK。

最新のサブスクリプション版と古い買取版は共存可能

サブスクリプション版と買取版は「別アプリ」と認識されているので両アプリは共存可能です。しかし、買取版はすでにAppStoreからは姿を消しているので注意してください。

Ulyssesアイコン

アイコンを比べると、買取版の方が若干色合いが濃い。そんな覚え方です。

無料期間が設定されている

ユリシーズ 無料期間

ダイコクはUlyssesを半年くらい前にMac版/iOS版を初導入しています。このため、最近購入した人の救済期間に入っており、あと「13ヶ月」は無料で利用出来ることになっています!やったね。

初回起動時に、買取版のインストール状況から割り出しているっぽいので買取版のアプリは消さずに起動してみるのが良いです。消して導入しても責任持てません。

んがしかし!優待価格の件で結局ぬか喜びかも・・・

Ulyssesの既存ユーザは永年割引で購入できる

Ulysses 優待価格

既存ユーザは優待としてUlyssesサブスクリプション版を50%引きで購入できる権利が付与されます。これが2017/10/31まで。

この期間内に購入すれば「永年割引価格で購入できる」のです。初回だけじゃないんですよ?今後アプリがAppStoreにある限り。

Ulyssesは既に手放せないアプリとなっているのでこの永年割引はとても魅力的!

んだが、しかし!13ヶ月の無料権利をすべて行使する間に永年割引終わってしまう。実質的には2ヶ月か。。。(なのか?!追って報告する予定)

まとめ

Ulyssesはライターにとても人気のあるアプリケーション。

項目分けが細かく出来て、iCloudにデータ保存すればMac/iOSどの環境からも同じように参照できて更新できる。こんなに使い勝手のいいアプリケーションは久しぶりです。

超豪華版のメモ帳ともいうべきこのソフトはいっぱい文章を書く人にはオススメ!

Macの超使えるエディタ「Ulysses」が月額プランへ移行。既存ユーザは特典あり

2017.08.13

Ulysses for iOS を購入したらMacとの情報連携がスムーズになった逸話!

2017.03.19

Ulysses for Macの初期レビュー。シンプルエディタはブログ執筆と相性が良い

2017.03.15

ブログ執筆環境として「Ulysses」をGetしたよ!Markdown記法を憶える!

2017.02.28
広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。