iPhone7、8、Xの水没は補償対象外だから注意が必要だよという話

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

iPhone7からようやくiPhoneも耐水機能を手に入れました。これでお風呂で使いたい放題だぜ!とか思っているアナタに警告です。Appleは耐水性能はあるけど、その保証はしないんだぜ?

iPhoneの耐水機能はIP67基準

え?iPhone7から防水になったんじゃないの?と思ったアナタ、誤認しています!Appleのサイトをよくよく確認して見てください。Appleのサイトでは防水という言葉はどこにも使っておらず、耐水という表現をしています。これ、ポイント!

iPhone7以降の端末はIEC規格60529のIP67基準を満たした端末であると明言されています。

IP67の上位にIP68があり、その防水性能の基準として以下のような基準がある。

IP67
水に浸しても影響がないように保護されている。 製品を水中で使用するもの。

IP68
潜水状態での使用に対して保護されている。7 より厳しい条件の中で使用するもの(試験環境は協議により決定します)

要は一時的に浸かる浸水には対応しているが、継続的に浸かる潜水での利用は想定していないということ。

小さく注意書きがあり、水没は保証対象外

AppleのサイトでiPhoneのモデル比較ページで注意書きの欄に以下のように記載されている。

6 .iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。

そう、液体による損傷は保証の対象にならないのです。

この説明を読むと、Apple的にはパーツの経年劣化等で防水機能が落ちる可能性がある。だけど、それまで保証できないから液体関連の故障は保証できないよ!って言ってる感じです。

・・・知ってた?IP67は防水性能で間違い無いんだけど、Appleは誤解されるのを嫌ってサイト内では「耐水」って言葉を使っている。(っぽい)

まとめ

iPhoneをお風呂で使えるぜー!って思っている人はたくさんいると思うんだけど、残念ながら、IP67の試験は「お風呂で使ってみる」という項目は無い。お湯で大丈夫か?とう検査もない。だから厳密にいうと、保証できない。

iPhoneの場合はうっかり水の中に落とした場合にセーフ!というくらいの認識でいた方が良いのかも知れない。

どうしても使いたい!っていう人はIP68準拠の防水ケースを使うのがベター。iPhone8、iPhoneXであればQiでワイヤレス充電できるのでより安心できるね。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。