キタ!折りたたんでコンパクト!ポメラDM30が発売されたよ!

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

キングジムから新しいポメラの登場!今度の新機種は「折りたたんでコンパクト!」

ポメラDM30

キングジムから超ニッチなアイテムがまた1つ誕生した!出来ることは「テキストをうつのみ」という限られた事だけのテキストエディタ「ポメラ」

機能的の豊富さ的にはポメラDM200の方が上だが、DM30は「折りたたみ機種」という見た目の特徴と「画面が電子ペーパー(E-Ink)」「乾電池で駆動」という特徴を持つ。

定価は43,000円とちょっと高価なアイテムです。

折りたたみ機種では一番の安定感


キーボードが折りたためるということは安定感に不安があると思う。

しかし、DM30はキーボードをとてもこだわって作っている。折りたたみといえど広げて使用した感じは「一枚の板のよう」

安定感は半端無い印象だ。

E-Inkの画面がどう映るか?が問題


ポメラは代々「モノクロ」にこだわっている。カラーなど必要ないのだ。しかし、時代の流れで白黒の液晶自体がなくなっている。DM200などはカラー液晶を白黒表示で活用しているがDM30では電子ペーパーであるE-Inkを採用している。

E-Ink採用で良いところは仕組み上、バックライトが必要ないので省エネで運用できることと、目に優しいこと。直射日光上でも画面が見易いことが挙げられる。

しかし、デメリットもあり、残像が残る・表示がそこまで早く無い。

電子書籍として利用する分には表示がラグがあっても1ページを長く表示しているため問題になりにくいが、ポメラを使うタイプのユーザのタイピングに速度を追いつこうと思ったら「リアルタイム性」がとても重視される気がするのでそこが心配。

まとめ


ガジェット好きとしては用途が限られたこだわりの品っていうのはとても気になる存在。機会があれば手にしてみたい!

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。