【ブックレビュー】あなたの1日は27時間になる。

ミズタニ@三重県ブロガーです。

1日が3時間増えてその3時間が自分の好きな事に費やせるとしたら・・・?

実はそんな夢のような事を実現させる方法が!そんな事を教えてくれる本を紹介します。

IMG 2062

27時間にするポイントは、ズバリ、「今の24時間の時間の使い方を圧縮し、3時間分の空きペースを作る」事にあります。

3時間分も?と思いますよね?でもあなたの生活を振り返ると同じ事を繰り返している時間やボーッとしてたら過ぎてしまった時間ってありませんか?そういうスキマ時間を圧縮すると簡単に3時間くらいの時間が作れる。

そんな考え方を身に付けるために読んでみましたよ

ブックレビュー

最も恐ろしいのは、残業や長時間労働の「習慣化」であり、それを当然のこととしている「考え方」なのです。日々の生活習慣を改善することで、少しずつ「考え方」も変わっていきます。

職場環境においてもそれが「あたりまえ」だとそれに反する考え方をすると「異端者」になるんですよね。どんなに良い事でも。また、改善を図ろうと思っても習慣化している経験則からそんなの出来る訳がないと捉えがちですよね。習慣化の力はすごいけど、デメリットにも働く。しっかり押さえておきたいポイントです。

まやかしのようですが、つまり、「残業する」「残業しない」にかかわらず、仕事がゼロになることはありません。

あなたの仕事はどのように依頼されますか?会社(上司)からの割り当て?自分で取ってくる?業界によって違いますが、残業して頑張って終わらせても会社(上司)はあなたを暇にする訳にはいかないから仕事を持ってきます。だから永遠と仕事は無くならない。だから残業しないと仕事が山積みになってしまう!という恐怖を持たなくても大丈夫。自分が抱えられる分しか仕事は降ってきません。出来なくて最終的に困るのは会社(上司)だから。

「なぜ私は、こんな努力をしているんだっけ?」と、本書のプログラムを投げ出さないためにも、まず超リアル・超具体的な目標を定めてください。最初は下世話でもいいのです。崇高な目標は、自分がバージョンアップしていけば、自然に見えてくるようになります。

今、この本を読んで1日が27時間にしたい!と思っているから読んでいる訳です。でも、本に書かれている事を実践しようとすると結構大変(早起きなんかは慣れてしまえばどうって事ないですが)だから自分が1日を27時間にしたい目的を立ててから実践!ミズタニも本に書いてあるからただなんとかなく早起きしていた時期がありましたが、朝起きても何もする事がないと「眠たいし、今日は良いや」という具合になってしまいます。

27時間生活をするためには、朝早く起きます。そして夜早く寝ます。 1日の行動の時間計測をします。 仕組み作りにこだわります。 仕事はすべてマニュアル化します。 やることやつき合いを絞ります。 テキパキ仕事を終わらせ、定時になったらさっと席を立ちます。 22時に寝るために、どんな会合も一次会で「さようなら」と断ります。

特に体育会系の職場だとこれ結構大変だと思います。あなたはなぜ、1日を27時間にしたいのですか?に対する明確な答えを持ってないと実践する事は出来ないですね。でも、これが出来るという事は貴方には目標がある。それを糧に頑張りましょう!

変な人だと思われるのは苦痛だと思いますが、それは中途半端だからです。「変な人」も、突きぬけると個性になり、周囲からも「○○さんだからしょうがないな」と苦笑され、次第に周囲に愛され、支持されるようになります。

突き抜けてやるという事は、周りから見ると変人で異端者です。でも、実績さえ残していれば悪く言う人は居ません。むしろ、その働き方に賛同してくれる人が必ず現れると思います。そうなったら自分の考え方を拡散して職場の習慣を変えてしまい、自分の働きやすい環境を作っていければ良いですね。

まとめ

この本は1日を27時間にするための働き方のメソッドやツールの使い方が具体的に書かれています。これらを駆使する事によって+3時間を生み出せる。3時間あれば色々出来ますね。でもこの3時間を手に入れる為には今の貴方に対してバージョンアップが必要です。現在の習慣を変え、やり方を変え、考え方を変えて初めて手に入れれる時間です。目標なくしては辿り着けない境地とも言えます。でも、目標があればこの考え方は強力に自分をサポートしてくれますよ。

木村聡子さんのブログ

ミズタニが読んだ本の情報

あなたの1日は27時間になる。

木村聡子 

発行 ダイヤモンド社

2015年12月14日 電子版発行(for Kindle)

あなたの1日は27時間になる。――「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法

木村 聡子 ダイヤモンド社 2015-12-11
売り上げランキング : 1220

by ヨメレバ
広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。