Windows10でBashをネイティブ対応!Windows1台でプログラムの勉強!

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

絶対に無いと思っていたWindowsでシェルコマンドが使える日。

今後のWindows10で対応される事が正式に表明されました。

Windows DeveloperさんはTwitterを使っています Bring your desktop apps to UWP with the Desktop App Converter https t co mvwam0Ytvd Build2016 Tutorial https t co cxz4krOGGE

Windows10でBashを正式サポート

これ、一般の人にはよく伝わらない話かもしれませんが、開発者にとっては非常に大きい出来事じゃ無いですか?

LinuxやUNIX向けの開発がWindows1つで対応可能になるって事ですやん。

まぁ、Cシェル使っていたりtcshやzshを使ってるならちょっと違うのですが、初めて勉強します的な話の人にはとても良いニュース。

Windows10を持っていれば勉強、テストが出来るってのはこれからプログラミングをする人にとってはとても大きな事。

サーバー系はまだまだUNIX・Linux系が強いですからね。

Windowsサーバでの実装はあるのか?

今回は、Widnows10でのサポートがアナウンスされたのですが、Windowsサーバでの展開はあるのでしょうか?

あって欲しいなぁ。あれば本当にバッチ処理系の実行が楽になる。

今でもPowerShellで実装させていますが、やっぱりコーディングするにしてもBashの方が使い慣れていて楽。

選択肢が広がるという事は良い事なので今後の展開に期待ですね。

まとめ

WindowsがOSとしてはライバルのLinuxの機能を取り入れてくるとは思わなかった。

Windows10の普及度を高める施策なんでしょうけど。

企業でWindows10を導入させるにはどうすれば良いか?を考えた場合、開発会社にとってはプログラミングが快適にできる事が重要な訳です。

そこでBashのサポート。イチ開発者としては、Windows10入れてみたいと思ってしまった(テストしてみたい)

学生に取ってもWindows10持っていればBashが覚えられるというのは大きい事。Windows10を入れてみようかな?

 

 

 

 

 

Windows 10完全制覇パーフェクト

橋本 和則,さくしま たかえ 翔泳社 2015-09-18
売り上げランキング : 8826

by ヨメレバ

 

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。