KindlePaperwhiteに新色whiteが発売。性能はそのまま

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

KindlePaperwhiteに新色「ホワイト」が登場しました。

これ、続けて読むと、「キンドルペーパーホワイトホワイトモデル」でとてもややこしい(笑

Kindle Paperwhite

性能変わらずKindlePaperwhiteの新色

今回リリースされたのは本体色が白くなっただけで他の性能は特に変わらず。

KindlePaperwhiteの特徴

  • 左右対称の端末
  • 300ppiのe-inkディスプレイ
  • 数週間のバッテリー持ち
  • 4GBのストレージ
  • 非防水
  • 16,280円(Wifi キャンペーン情報なし モデル)

特に注目なのは、300ppiのe-inkディスプレイ

上位機種のKindleVoyage、KindleOasisと同じ解像度のため非常に文字が綺麗

また、Amazonのプライム会員であれば4,000円OFFで購入できるのもポイントの一つ。

 

基本性能はVoyage、Oasisと変わらないのでPaperwhiteのコストパフォーマンスが優れている。

傍目には物理キーがあるかないかの違いしかない。

ディスプレイ性能・メモリ量ともに3機種同じ。あとは公開されていないCPU部分に違いがある・・・のかな? 

筐体の色が白と黒、どちらが良いか?

ダイコクは日本で発売された初代Kindleを愛用しているので黒色の筐体を利用中。特に汚れとか目立ちません。

対して、白色は綺麗ですがちょっと汚れとか気になりますね。特にベゼルを握るので皮脂汚れとか。

でも、白色の方が一体感が強そう・・・これは購入して試してみるしかないか?

 

まとめ

先日発表されたKindleOasisが値段的に期待はずれだったので結局、ダイコクの中ではPaperwhiteかVoyageかの2択だった訳です。

その中で発売された新色。これは試してみる価値アリかな?

この端末にプレミアムレザーカバーをつけると・・・カッコイイ!

意外にホワイトモデルは結構売れるかもしれませんよ。

 

 

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。