【WWDC16】OSXはmacOSへ改名。macOS Sierra発表

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

WWDC16で発表されたmacOS Sierra。今回も無料アップデートが可能ですよ!

新しい時代に突入したmacOS。楽しみ!

Wwdc16

OSXからmacOSへ

元々、OSXの”X”は(テン)で10番目のバージョンを表しています。

このOSX+コードネームでこれまでバージョアップしてきました。

コードネームは最初動物で次に山の名前というルールで進化。

最新はOSX ElCapitan。

10番目のバージョンも10年以上使っているので「macOS」という名前はある意味自然な感じですね。

macOSとして初のバージョン名はSierra

macOS Sierra。Sierra(シエラ)はシエラネヴァダ山脈のコトのようです。

シエラはスペイン語で「山脈・ノコギリ」を示す言葉。

今回の壁紙、山脈ですね。

MacOS

siriに対応

Siri

今回のmacOS SierraからiOSに搭載されているSiriがMacにも搭載されます。

「◯◯というファイル探して」や「iTunesの◯◯というプレイリスト聞きたい」っていうと自動的にmacの中を探してくれたりするようですよ。

アプリが沢山ありすぎて探すのが大変だったりするときにはSiriでアプリ起動できるとラクが出来そうですね。

オートアンロック機能対応

AppleWatchを身につけている場合、macのパスワード入力をせずとも利用できるようになります。

これは地味に便利ですね。

まとめ

macOSはある意味完成されたOSなのでちょこっと変更が多いですね。

ただ、このOSが無料で導入対象が

  • 2009年モデル以降のiMac・MacBook
  • 2010年モデル以降のMacBookAir、MacBookPro、MacMini、MacPro

と古い端末でも使えるというのが良いところですね。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。