【WWDC16】WWDC16まとめ。ソフトウェアの進化が垣間見える。ハードウェアの発表はなし。

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

期待していたWWDC16、事前に噂されていたハードウェアの発表はありませんでしたね。

その点は残念でしたが、ソフトウェアの進化は結構大きいものでした。その点まとめてみます。

Wwdc16

新しく生まれ変わるmacOS

OSXはmacOSと名前が変わりました。そして名前はmacOS Sierraに。

機能としてはSiriに対応したことが大きなポイント。

新機能がてんこ盛り!iOS10

iOSは10番目のリリースとして新機能がてんこ盛り。

基本的にはモバイル端末として使い勝手や機能が向上しています。

速度の高速化がポイント!WatchOS3

Watch3は最大7倍の高速化が可能になったアプリの使い勝手がポイント。

その分、メモリ消費・バッテリー消費がちょっと心配です。

Siriの向上

Siri

SiriがmacOSに搭載されるとともに、外部アプリへの対応も可能となりました。

このため、音声操作のバリエーションが今後増える予感がします。

ハードウェアの発表は無し

今回、期待されていたのはメジャーアップデートのMacBookAir、MacBookPro。

リリース宣言等ありませんでした。

今回の発表なしはちょっと意外とともに、新機能の現実味が増す結果になったんじゃないかと思います。

次期MacBookProはファンクションボタンが物理ボタンではなく、有機ELの液晶になるという噂があります。

これが本当だとすると、その部分に相当する機能をOS側が持ってなければいけません。

AppleはMacBook等の発売日は「発表したその日から」買えるように調整するのが昨今の傾向。

これを純粋に信じるなら、macOSで対応させて、macOSが乗ったタイミングでMacBookProを発表するんじゃないか?ということ。

そして、これは新MacBookAIrでも同じことがいえるのかも知れませんね。

まとめ

今回のWWDC16は本当にデベロッパーのためのイベントでしたね。

結構な機能追加が発表されました。

全ては今年の秋頃に正式リリース予定。秋が楽しみです!

 

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。