iPhoneX スペースグレイを購入したので開封の儀をしてみよう

iPhoneX
広告

iPhoneX スペースグレイを購入したので開封の儀をしてみよう

ダイコクナオキ@ガジェットバカ(@N_Daikoku)です。

先日、意図しない形(ノリと勢い)で購入したiPhoneXが届きましたので早速開けてみました。2年ぶりのiPhone購入なのでワクワクが止まりません。

iPhone Xを購入することになった話。全ては正しい・・・のか?!

2017.11.01

iPhoneX開封の儀

今回購入したのはau版のiPhoneX スペースブラック256GB。厚木の物流センターから送付されてきました。

中には緩衝材とiPhoneXとsimカードとauのキャンペーンでもらえる「三太郎カレンダー」が入っていましたよ。

本体を包んでいるビニールがiPhone6s Plusと変わってます(iPhone7系がどうだったのか?はわかりません)単純にビニール包装されていたものから、ビニールをはがす為の取っ手が付いてますね。

箱を開けるとまずはカリフォルニアにあるアップルで作った!というのを主張。

このケースをどかすと、本体が見れますっ!かっこいい!

ディスプレイ側はベゼルがない分、真っ黒!

裏面も真っ黒!反射が凄い

サイドはAppleWatchと同じくステンレスになっています。ブラックはツヤ感があってカッコイイのです。

iPhoneX シルバーだとここのステンレスがシルバー色になります。AppleWatchのステンレススチールと比較するとこんな感じ。シルバーもカッコ良いです。

箱にもどって、本体下にはライトニングケーブル、ACアダプタ、EarPodsが入っています。

紙系の取説は一番最初に見えたケースの中に入っています。ケースの中に入っているのは以下の3点

  • 簡易説明書
  • Appleロゴステッカー
  • SIMカード取り出し用ピン

まとめ

開封の儀は終了。iPhoneのバッケージは無駄がないのが特徴ですね。
これからセットアップ!

広告

iPhoneX

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。