iPhoneXの画面通知機能が面倒!常にプレビューさせる方法

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

これまでのiPhoneと違い、次世代のiPhoneのプロトタイプ的な格好のiPhoneXですが、これまで当たり前のように接してきたちょっとした機能の違いにより微妙にストレスになる事も。チリも積もれば山となる。

設定で画面通知方法を変更する事が可能

結論から。iPhoneの設定画面から以下の方法で通知プレビューを復活させることが可能です。

iPhoneの「設定」アプリを開き、「通知」をタップ

「通知」から、プレビュー表示方の変更をタップ

プレビュー状況を変更

ちなみに、プレビューを常に表示しない変更も可能となっている。

セキュリティ向上により、通知が「非表示」になっている


iPhoneXは、セキュリティ向上のための試みを幾つか実装している。その1つとして、スリープ中のお知らせ表示機能がある。LINEやGMAILなどに着信があると画面に着信があった旨を表示する機能だ。

メッセージロック

iPhoneXでは、FaceID認証が通ってない場合は「メッセージあり」と表示するだけで内容は一切見れない。FaceID認証が通って初めて「送り主」と「メッセージプレビュー」が見れる仕組みとなっている。

メッセージOPEN

最初にコレに触れた時は、「おおぉ!」と思うのだが、日常的に使っていると、メッセージが来た時に「今見るべき・後からでも良い」を判定するためスマホを机に置いたままチラ見する事が多い事に気付いた。

その場合、
FaceID認証する=iPhoneを手に持つ必要がある=チラ見にならない
という図式。

これ、地味に面倒くさいっ!って思ってたんです。それが設定1つで変える事が出来るのだ!

非表示のままで快適に使う方法

それでも、「本当に他人に見られたくないが、通知は見たいんじゃ!」という方にはオススメの方法が2つある。

スマホの無線充電台を導入しよう

iPhoneXのFaceIDが失敗する原因の1つとして、iPhoneを触った時にiPhoneの正面に顔がない事。置いたままで認証できないのはこれが原因。

それであればiPhoneを常に顔に向けておけば良いのでスマホスタンドを活用しよう。さらに、iPhoneXには無線充電(Qi)に対応しているのでQi対応のスマホスタンドにおけば問題はすべて解決する!

AppleWatchを導入しよう

一番スマートなのはAppleWatchを活用すること。AppleWatchがあれば手元に通知が来てこれまでのiPhoneと同様に「送り主」と「メッセージプレビュー」を見ることができる。

LINEでは簡単な返信(スタンプ)であればAppleWatchだけでも出来てしまう。本来、Appleとしてはこちらの活用が正しいのかもしれない

まとめ

これまで「当然」と思っていたことが変わると人間、「違和感」だったり「気持ち悪さ」が出てきます。

新しいiPhoneの使い方を覚えていきましょう!

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。