【ケースレビュー】手帳ケース入門に最適!PGA FLIP COVER iPhone6 Plus

iPhone6Sケースレビュー。手帳型ケースってどうなの?使いやすいの?を試すのにもってこいなケースを購入したのでレビューしてみたいと思います。

PB230005

手帳型ケースを使ってみたい

これまでのiPhoneは大きさも小さく、「パッと取り出せて、サッと使える」のが良いと個人的には思っていたのでカバータイプ・バンパータイプのケースしか使ったことがありません。iPhone6S Plusはサイズアップしたのと、情報端末として使うのであればカバー型ケースも試したいなぁと思ってました。

個人的にはレザーが好きなのでカバー型を購入するのであればレザーが良いっ!って思ってました。ただ、レザーの手帳ケースは「価格が高い」事がネック。だいたい見ていると、本革を利用したケースは1万円前後が相場のよう。高い。

手帳タイプに慣れていて、ずっと使っていくと断言できるのであればそれでも構わないのですが、ミズタニの場合、まだ手帳型を使い続けれるのかどうか?が分からないので躊躇。そんな折、この製品を見つけてこれならテスト的に利用する事が可能だっ!と思って購入しました。

この製品の特徴

本革風ダミーレザー

この製品は、フェイクレザーです。ただ、ダメージ加工もしてあり、見た目はレザーケースです。レザーケースの良いところは「使っていくうちに馴染んて来ること」が大きいですが、使い始めは硬く使いづらい。

フェイクレザーなので使い始めから柔らかく、折りたたむのも簡単にできます。

IMG 1611 IMG 1612

手帳のベロ部分に磁石入り

手帳のベロ部分(本製品では青いフェイクレザー部分)に磁石が入っていて、手帳を閉じた時は小気味好く「ピタッ」とくっつき、無駄に開く事がないようになっています。但し、iPadとは違い、閉じたからといって、勝手に画面表示OFF等はできません。

また、コンパクトなので余計な厚みがないのもメリットです。

IMG 1614

厚さはiPhone6S Plus ×2

厚みは結構あります。目測でiPhone6S2台分くらいでしょうか・・・随分の大きさを感じます。

【閉じた時】

PB230003

【開いた時】

PB230002

ボタンの押下は問題なくできる

手帳型ケースの宿命かもしれませんが、手帳部分が邪魔でサイドボタン類は押しづらいですが、ガバっ!と開いてしまえば問題なくアクセスできました。

PB230006

カメラの出っ張り部分の保護力は良い

iPhone6系の特徴としてカメラが飛び出していますが、このケースではがっちりとした厚さで保護してくれます。

PB230004

手帳ケースを使ってみてのレビュー

先にも書いたように初めて手帳タイプのケースを利用してみたのですが、手帳型はその人のライフスタイルによって良い悪いが出る。そう思いました。以下の使い方しますか?しませんか?で価値がわかりますね。

スマホを時計代わりに使っているか?

ポケットやカバンにスマホを入れていて、ちょくちょく時間を確認する癖がある人は注意です。手帳型の場合、「開いてから見る」必要があるため片手でサクッと確認する事が出来ません。たいていの場合、両手フリーの時でないと確認はしづらいです。

PB230001

厚さをどう捉えるか

カバンの中に入れておくから関係ないさぁ〜って人は厚さがiPhone6Sの2倍くらいの厚さになっても大丈夫だと思います。自分も休日使っている限りではそんなに厚さは気になりませんでした。ただ、会社で持ち歩くのに作業着に入れてみたら・・・厚さって大事ですね。すげぇ邪魔な感じがします。

suica使いますか?

手帳型のメリットとしてポケット部分にsuica等の電子マネーカードを入れておく事が可能です。鉄道を利用する方にとってはこれは結構大きいのではないでしょうか?

ミズタニは会社は車通勤なのであまり恩恵を感じなかったのですが、東京出張に行った時に使ってみたら・・・超便利ですね。

これまではその都度財布を出して使ってましたが、財布だと中身を落とす可能性もあるのでスマホでパッと出来るのは有り難かったです。

スマホで写真をよく撮るか?

手帳型ケースでは構造的に仕方のない事ですが、カメラ撮影はやりづらいです。カメラを利用する→手帳カバーを開ける→カメラ、手帳で隠れる。当然ですね。かといってカメラが隠れないようにすると、液晶が見づらい。カメラ見えるようにして、液晶も見えるような角度で保持すると・・・シャッターボタンが押しづらい。色々とやり辛い事が付いてまわります。

ミズタニの場合、子供を撮りたいのでサッと撮影できないのはちょっとなぁ・・・と思った次第。(一眼レフで撮れば良いのだけどね)

現状のミズタニライフスタイルでは手帳型は使いにくい

上記で挙げた使い方、水谷の今のライフスタイルでは全てが手帳型は使い難い方の使い方をしています。これまでのスマホの使い方である「パッと出せてサッと使える」事を無意識でしてしまっているので手帳型ケースでは全てのスマホを利用する操作がワンステップ動作が増えるという悪循環になってます。

特に大きいのは「職場の作業着では手帳型ケースの厚みが邪魔でポケットに入れづらい」事。今の所会社には1日10時間くらい居る訳ですよ。そしてずっと身につけている。それを考えるとちょっと邪魔くさい。。。カバータイプでは厚みは気にならず、快適に持ち運べています。

ただ、プライベートでは厚みは気になりません。きっと、会社辞めて、AppleWatchを購入すればデメリットは全て解消する!そうすればミズタニ的、手帳型ケースの復権の日はすぐそこなんですけどね。今の所は厚みが一番のネックです。

製品としては質感も良いし、値段もお手頃ですので手帳型ケースを試してみたい方は是非購入してみてください。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。