導入したQNAP製NAS「TS-231+」の性能を測定してみた

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

先日導入したQNAP TS-231+の読み書き性能をレポートします。

 

以前導入していたLinkStation

Wifi接続

Class4タイプのメモリーカードと同じくらいの性能でした。

DiskSpeedTest wifi nas buffalo

LANケーブル接続

Class10タイプのメモリーカードと同じくらいかな?(もう少し良い)

DiskSpeedTest lan on cable

使っていたバッファロー製のNASは「はじめてのNAS」として購入していた為、性能についてはあまり考慮していませんでした。現在は高性能CPU搭載を謳ったNASもあるのでバッファロー製だから性能が低いというわけではない事は触れておきます。

今回導入したTS−231+

まず、今回NASを導入するにあたり、家庭のネットワーク環境をLAN接続に変更しました。LANは最低でもカテゴリー5eのギガビット接続(1000BASE-T)になっています。Wifi接続だと、不安定になり突然PCから認識しなくなることもあったので改良です。

性能に驚いた

データの移行作業をしていた時にコピーが速いと感じていたのですが、性能を測定してみるとやはり速かった。メモリカードでいうと、UHS-I規格上位の製品速度を誇ります。

DiskSpeedTest QNAP online

もちろん、普通のUSB3.0接続のHDDよりは遅いです。ただ、この速度があればライブラリ的に利用する記憶媒体としてはあまり苦には感じません。

(参考)USB3.0接続のHDD(7200rpmHDD)

DiskSpeedTest hdd

 

 

書き込み時のTS-231+のハードウェア負荷 

書き込み時のハードウェア負荷も測ってみました。TS-231+のOSには負荷状況をモニタリング出来るソフトウェアが最初から導入されているので非常に便利です。

 QNAP Miz 

CPU負荷は全然余裕でメモリも余裕。今回導入したTS-231+の下位バージョンのTS−231はCPU性能が劣り、メモリが半分になるけど、家庭で使う分にはTS−231でも余裕で処理は間に合いそうです。

QNAP製NASは使いやすい

QNAP製はハードウェアというより、ソフトウェアが非常に優れています。単純でわかりやすい。その上、ソフトウェアの機能拡張の幅も広い。ただソフトウェアの機能拡張は主なソフトウェアは日本語化されていますが、 日本語化されていないソフトウェアもあるので注意が必要です。(といっても、そこまでこだわる人は自分で調べそうなレベルですが)

まだまだ使いこなせていませんが、単純なNASとしてみた場合でも導入して非常に良かったと満足しています。

 

関連エントリもよければどうぞ!

 

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。