【ブックレビュー】”奇跡”は自分で起こせる!3日後「引き寄せ」日記

ミズタニ@三重県ブロガーです。

奇跡的な結果を引き寄せる方法は近い未来の出来事から願っていこう

IMG 2029

この本はですね、引き寄せられたんです。大きめの本屋さんの「PCコーナー」でプログラミングの「技術書」を探していたんですよ。そしたら、自分が欲しいと思っていた本の上に横置きされて積まれていたんです。そんなことあります?「こりゃ、買えってことだな」と受け止めて購入して、目からウロコ。あ、技術書は結局買わなかったんですけどね。

ブックレビュー

この瞬間、自分がしてもらったように、私も誰かの「希望」となるような文章を書きたいーそう思ったのです。

著者のHappyさんは漠然と何の制約もないなら本を出版したいと思ったそうです。そして、1年後その夢は現実のものとしました。引き寄せの力、ハンパないですね。

出来ないイメージなんてするもんじゃない。苦しくなるだけで楽しくないーそう思ったのです。

何年も先の未来を無理やり思い描いてもそれは本当の夢ですか?そしてそのギャップが深ければ深いほど今の自分が惨めに見えてしまうもの。そんな苦しさを抱えたままでは良いことは起こらない。だからこそ目に見える「近い未来」のステキな自分から思い浮かべるところからステップアップしていく事で徐々に遠い未来を思い描くようにしていくことを勧めています。

「こうなりたい」×「楽しそうだなぁ、嬉しいなぁ」= 望む未来が現実化

「こうなりたい」×「きっとできない、難しいなぁ」= 望まない未来が現実化

良きにせよ、悪きにせよ「想像した」未来が現実となってきます。だったら望む未来を現実化する為に楽しい事・嬉しい事を想像して考えるクセをつけたいですね。 

いくら表面的な部分で取り繕うとしてもあなたの心の部分である内側が変わらなければ、外側は変わってはいきません。

なりたい自分になる為に行動だけ変えても心が「それは無理」と思っていれば変わらない。変わる事を望みながらも中々変われないのはこれが原因。あとは「今の環境が(夢を否定するのに)ちょうど良い」事も関係してそうです。心から「変わりたい」と思う事が大事です。

苦しさを感じている「今」の現実から、「ホッ」とできている自分をイメージするということです

近い未来を思い描くコツです。今困っている事が改善したら嬉しいですよね?ホッとしますね?その完了したイメージを今持つ事によって今が改善していくきっかけになるんですよ。

「未来を思い出す」というかなり奇妙なやり方をすることで、もうすでに「明日が終わったところ」に自分が立たなければいけなくなります。

今日・明日の予定を未来の自分が今日あった事を思い出すかのように予定を決める(ふり返る)これをする事で自分が着地したい未来への道標が出来る。コツは完璧にトレースしない事。元々、人の記憶なんて曖昧なんで大まかに合ってれば良いとミズタニは思います。

現実は必ず変えられます。未来はあなたが創るものです

現実は過去の自分が予想したように動く。スキーやスノーボードをやっていて「転ぶっ!」って思うと途端にバランスを失ってしまう。雪山大好きな人にしか理解してもらえませんね。自転車でもなんでも良いです。これは「転ぶ」と思う事によって受け身を取ろうとする(そういう未来を受け入れる)からやっぱり現実のものになってしまうんですね。

現実が大変でも、未来まで大変になると決めるのは私自身なんですね。 

まとめ

「引き寄せの法則」 はたくさんあるけどここまで現実的な本は少ないのではないでしょうか?そして、ワークブックでもあります。読むだけでなく実践するにしてもちょっと先の未来から始めれるので始めやすい。

ミズタニも手帳術にこれを取り入れました。

Happyさんのサイト

ミズタニが買った本の情報

3日後「引き寄せ日記」

Happy

発行 株式会社 大和出版

2015年9月10日 初版発行 2015年10月4日 3刷発行

“奇跡”は自分で起こせる! 3日後「引き寄せ」日記

Happy 大和出版 2015-08-26
売り上げランキング : 824

by ヨメレバ
広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。