iMac専用?!iMacのスタンドに取り付けるHDD「mBack」を買ってみた

iMac専用に設計されたHDDを購入しました。これね、iMac/AppleDisplay使いならめっちゃ便利だと思う。

IMG 0693
by カエレバ

iMac専用のHDDという変わった特徴

この製品はmLogic社が出しているmBackという商品。日本ではアスクが代理店をしています。USB3.0で接続するHDDという所まではありきたりのスペックなんだけど、なんと、HDDの取り付けとして「iMacのスタンドの穴」に取り付けるという特徴を持つのです。

しかも、「取り付ける事も可能」というより、ケースの構造上、「付けないと場所とって邪魔」になるのでこれを購入する人は間違いなく、iMacを利用している人でしょう。

mBackシリーズの種類

mBackのHDDは現在、4タイプ発売されています。USB3.0のバスパワー駆動という所までは共通で、違いはHDDの容量と回転速度。5400回転の500GBタイプと1TBタイプ、7200回転の1TBタイプ、5400回転の2TBタイプの4種類。

HDD単体からの値段と比較すると、ケース代としてはちょっと高いかなー?って思ってしまうんですが、アルミボディで作られたケースのため、安物ケースとは見た目、剛性感については一線を画す商品。中に入っているHDDの種類も一般的なHDDである事がサイトの情報から分かるので将来的にHDDをSSDとかに換装も簡単に出来るんじゃないだろうか?という下心も持ってます。

購入したのはmBackシリーズ1TBの7200回転モデル

私の購入したiMac5KのSSDサイズは256GBで、今回HDDを購入した目的は「iMacのシステムの一部で速度を求めないけど容量を比較的たくさん消費するデータ」を格納する先とする事でした。このため、Macが起動してる時は常に電源が入っていて欲しかったし、持ち運びする時も一緒に移動できたら良いなと思って購入しました

まず容量としては1TB以上をチョイス。はじめは速度もあまり求めてないから5400回転のタイプにしようかな?と思ってました。しかし!サイトを確認すると、7200回転の1TBタイプにはHGST製 Travelstar 1TB Serial ATA 7200rpmのHDDが採用されていて、このHDDはHDD単体での評価が高く、速度と安定性、低発熱でかつキャッシュサイズが32MBとスペックオタクを満足させる能力を持っている事が分かったのでそれならそれを買うしかないじゃないですか?!という勢いのまま購入に至りました。

値段は高いけど、結構良いよ

HDD単体の値段からするとケース代としては約1万円!!HDDケースにそんなバカ高い値段は出せないぜ?旦那!というアナタ!普通のHDDケースはケースがペカペカのプラスチックだったりするじゃないですか?それで1280円くらいで売ってる。これはボディはアルミボディを採用しており、放熱性・見た目共に万全(ファンはないけど)そして表面はアクリルで覆われていて中々の高級感を持っております。

5400回転 500GBタイプ

by カエレバ

5400回転 1000GBタイプ

by カエレバ

7200回転 1000GBタイプ

by カエレバ

5400回転 2000GBタイプ

by カエレバ

次回、レビューします。

レビュー記事を次の機会で書きます!iMacのスタンドに付けるというのがどういう事か?説明していきたいと思います!

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。