iPhone7で押さえておきたい手帳ケース5選

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

iPhone7はスベスベボディで落としそうになります。ダイコクはカバーをつける派です。

ダイコクが調べまくって凄く気になっているiPhoneケース10選を紹介します。

今回は手帳ケース5選!

IPhone 7

ケースタイプ

 ケースはバックパネルを守るカバー型とバックパネルと液晶を守る手帳型とあります。

それぞれ一長一短はありますがカバー型はiPhoneへのアクセスが楽手帳型は保護性能が高い

iPhone7はそのサイズから片手操作もできるサイズなのでカバー型、iPhone7 Plusは片手アクセスが難しく、iPhone7と比べると落とす確率も上がるので手帳型ケースがミズタニのオススメ。

ただし、iPhone7 Plusはただでさえ大きいのに手帳型ケースはかさばる商品も多いので持ち歩くときのサイズ感を意識して商品を選ぶ必要がありますね。

みんなが持っているiPhoneなのでケースは個性を出せるアイテム。自分のお気に入りの一品を見つけたいですね。

それでは、オススメしたい手帳ケース5選!

手帳型ケース5選

Cellularline iPhone7 ケース 手帳型

シンプルな手帳型ケース。

シンプル故に使いやすい。クリアケースのため、元のiPhoneの色を全面的に主張できるケース。

 

レイ・アウト iPhone7ケース 手帳型 ケース

スマホケースやフィルムでは定番となっているレイ・アウト製のiPhoneケース。

こちらもシンプルだけど使いやすいデザインになってます。

ケースを折り曲げて立てかけるスタンド機能が付いているので動画を視聴する機会が多い方にオススメ。

 

 


エレコム iPhone7ケース / アイフォン7 ソフトレザーケース マグネット 手帳型

ダイコクが一時期iPhone6S Plusで使っていたケースの姉妹商品?と言うくらい似ている商品。

レビューも書いてますが、コチラのケースはベロ部分にマグネットを持っているため、厚みが増えないことが特徴。

使いやすい製品ですよ。

 

 

 

 

iPhone 7 ケース 手帳型 SHIELDON® アイフォン 7 本革レザーカバー

スマホのレザーケースの定番と言えば、SHIELDON製。本格レザータイプなので杖羽使うほどに味が出てくるケースとなっています。

SHIELDON製のケースはiPhone4Sで利用していましたが、非常に手触りも良く、レザーの特有のさわり心地、味わいが出てくるのでお気に入りのメーカの1つです。

 

 

 

URBAN ARMOR GEAR社製iPhone7/6s用 Metropolis Case

URBANのUAGシリーズと言えばタフネスケースとしておなじみ。

耐衝撃としては米軍採用品の選定基準MIL STD 810G-516.6をクリアしている製品。生活環境的に落とすと致命的なダメージをiPhoneに与えてしまう可能性がある人にとっては選ばずには居られない製品です。

ただ、サイズとしては2016/10現在はiPhone7用しかありません(Plusは未販売)

 

 

 

手帳ケースはiPhoneに更なる高級感をプラスする

手帳ケースはいわば「iPhoneの存在を消す」ケースになります。主にケース自身が主役になる。持ち歩くときはそれでも良いのですが、iPhoneとして利用しようとしたときにケースが邪魔になっては本末転倒であるとミズタニは考えます。

このため、手帳ケースのお勧めも必然的に薄型で邪魔にならない事が条件になってきます。手帳によくあるベロがボタンタイプになっていると開くのに非常に邪魔になるのでダイコクの5選には選ぶ事はありませんでした。

手帳ケースの場合、価格もカバーケースに比べると高価になる傾向があります。結局は使い方で選ぶのが正解ですが、値段が張る分ケースはずっと使うものとして購入すると良いと思います。

※なので一年後、確実に端末を売却する事を考えているのであればちょっと手帳ケースは(価格的に)勿体ないかも知れません。

iPhoneを使うシーンに合わせてケースを選んでみてください。

 

カバーケース5選はコチラ

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。