Apple Watchに新しくアプリケーションをインストールする方法

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

Apple Watchに新しくアプリケーションをインストールする方法をシェアします。

IMG 8662

インストールはiPhoneから行う

ちょっと分かりづらいんですが、インストールはiPhoneの「Watch」アプリから操作します。

IMG 8647

Apple WatchにインストールできるアプリケーションはiPhoneにインストールされているアプリケーションであるという事を覚えておいてください。

あくまでもWatchアプリはiPhoneアプリのサブ的な役割。iPhoneにアプリがなければ動きません。

「マイウォッチ」を確認するとインストールされていて、Watchアプリとしても利用できるアプリ一覧が表示されています。

表示順は、デフォルトアプリケーション、後からインストールしたアプリケーションの順です。

IMG 3158

サンプルとして、「LINE」アプリのインストール方法

LINEをタップします。

IMG 3159

画面が切り替わって「AppをApple Watchで表示」がOFFになっているので、ONに切り替えます。

切り替えると、自動的にAppleWatchへのインストール作業が始まります。

しばらく待つと完了。

Apple Watchでデジタルクラウンを押してアプリ一覧を見てみると、「LINE」アプリが増えていることが確認できます。

IMG 3161

まとめ

分かってしまえばインストール方法は簡単です。

インストールして便利だなぁと思うのは雨の降り始めを教えてくれるアプリや防災関連。手元に通知が来て見逃すことが減りました。

LINEは特定のスタンプや音声入力での返信が出来ますが、使い勝手はやっぱりいまいち。簡単な返信にだけ使える感じです。

AppleWatchの画面は小さいのでそのサイズで便利なアプリを見つけていくのが楽しみですね。

   

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。