LINEモバイル MVNOでのSIMサービスを開始。仕様をまとめてみた

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

かねてよりリリース報告がされていたLINEモバイルのSIMサービスがいよいよサービスインとなりました。

月額500円からのSIMサービスの内容を見ていこう!

LINEモバイル

LINEモバイルの特徴

カウントフリー対象アプリは速度制限がない

一番は「月額どれだけ使ってもLINEサービス上は速度制限が掛からない」と言うこと。

LINEモバイルではコレを「カウントフリー」と呼んでいます。

※カウントフリーの対象範囲

プランによってFacebook、Twitterもサービス対象に含まれます。

コレによってストレス無くLINEサービスは維持・継続できるステキ仕様。

既にこれらのサービスはネット上のライフラインとなっている人も多いのではないでしょうか?

回線はDocomo回線を利用

LINEモバイルのサービスはDocomo回線のMVNOの為、Docomoと同じエリアで利用することが出来ます。

特に制限等は書かれていないのでDocomo回線の帯域の一部を利用するタイプ。

MVNOの説明については(MVNOの事が分かる!初心者講座)で説明しています。

契約プランはシンプルな2タイプから選択

大きく2つのタイプから選択し、それぞれにおいて音声通話を含めるか?を選択することが出来ます。

LINEフリープラン

LINEモバイル

発表当時、言われていた月額500円でLINEサービス使いたい放題のサービス。

LINEサービスがフリー+データ通信が1GB付属しているタイプのプラン。

プラス700円で音声通話を付けることが出来ます。

コミュニケーションフリープラン

LINEモバイル

LINEサービスに加えて、Facebook、Twitterの各サービスが速度制限なしに使えるプラン。

コチラのプランはデータ通信容量を3GB、5GB、7GB、10GBから選択することが出来ます。

プラス580円で音声通話を付けることが可能。

価格は3GB、音声通話無しで1110円〜。

LINEモバイルを使う上でのオススメとポイント

個人的オススメはコミュニケーションフリープラン3GBで1110円サービス

今回のサービスでポイントとなるのは「データ通信量は翌月まで繰り越しが可能」という点。

この点を考えると、3GB契約でも十分賄えそうです。

また、LINE通話もフリーに含まれているため、工夫によっては音声通話無くても事足りそうですね。

まとめ

初回は限定2万回線とのことですが、MVNOサービスはまだまだ浸透してないのですぐに売り切れ!とはならないのではないか?と予想しています。

逆に言えば2万回線までは回線が混み合わないように設計されているとも言えます。

今回のサービスはiPadを狙っているダイコクにはもってこいのプランとも言えます。

皆さんも一度考慮してみては如何でしょうか?

LINEモバイルへのリンク 

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。