MacOS Sierra 初期状態でのSSD/HDD容量ってどれだけ消費されているの?

広告

MacOS Sierra 初期状態でのSSD/HDD容量ってどれだけ消費されているの?

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

今回購入したMacBook Pro@2015はSSDの容量はMacの中では最低容量の128GBを選択しました。持ち運び時のサブMacという立場からこの容量でも十分!と思って購入しましたが、「そもそもの話、OSだけでどれくらい容量使ってるんだ?」という疑問を持っていたので調べてみました。

知ってた?Appleの整備済製品はお得感がいっぱい!

2017.03.26

新しいもの好きが旧製品「MacBook Pro 2015モデル」を選んだ3つの理由

2017.03.25

購入前に知っておきたい話題としてシェアします。

購入したMacBook ProにはmacOS Sierraが搭載

MacBook Pro@2015には時代的にインストール対象OSとして「OSX10.10 Yosemite」、「OSX10.11 El Capitan」、「macOS 10.12 Sierra」がありますが、購入した時点での最新のOS「macOS Sierra」が搭載されていました。

OSの名称が「OSX」から「macOS」に切り替わった最初のOSだし、最新のOSという事でこのまま利用する事にしています。

このため、利用容量調査は「macOS Sierra」で行いました。

初期状態でのSSD/HDD消費量は20GB前後

  • ログインユーザ情報を登録
  • AppleIDの登録

この2つを行って暫くした後に調べた容量がこちら

だいたい20GB前後。しかし、後から気づいたのですが「AppleIDを登録するとメモ帳や連絡先などのアプリデータが自動的にダウンロードされ、容量を消費する」ということ。

キャプチャ無いのですが、一番最初に調べた時は利用可能容量は100GBを超えていたので19GB前後使用しているぽいです。

誤差という事もあるので20GB前後利用すると覚えておいても良いと思います。

MacBook Pro@2015のSSD速度を調査。旧機種との比較でSSDの進化を垣間見た!

2017.04.04

まとめ

初期状態で20GB前後消費するという事は128GB搭載モデルでは残り容量が100GBくらいある訳です。この100GBが多いのか、少ないのか?で256GBモデルを購入すべきかどうか?を判断する基準になりますね。

ただ、2016年モデルのMacBook、MacBook Proは共にSSDの最低容量は256GBとなっています。このため、残り容量が230GB前後と覚えておいても良いかもしれませんね。

MacBook、MacBook Proを選ぶ際の1つの基準としてみてください。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。