注意!iPadのauセルラー版(simロック有)はmvnoで使えない!過去端末は使えるが!

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

まっことに残念なんですが、私がメイン回線として利用しているauさん、結構えぐい。タイトル通りなんですが、iPadを中古で手に入れた場合、SIMロック解除されていないとmvnoで利用できない。調べた限りのことを書いていきますね。

au系のmvnoだったら使えるんじゃないの?

au系のmvnoといえば

KDDIグループのUQモバイル

au回線取り扱いの老舗であるmineo(マイネオ)

mvnoの立役者(?)ともいえるIIJmio”

などがあり、当然、au回線を用いたデータ通信プランを提供している。

DocomoやsoftbankではSIMロックがかかっていてもそれぞれdocomo系、softbank系のmvnoであれば使えるのだが、auに限ってはmvnoで利用する場合はSIMロック解除をしないと使えないのだ。

ただ、例外があって、古めの端末である

  • iPad mini2
  • iPad mini3
  • iPad Air
  • iPad Air2

は利用できる。それ以降に発売されたiPadはNGだ。

専門用語になるが、auの場合3G回線用SIM、LTE回線用SIM、VoLTE回線用SIMの3タイプを端末に合わせて提供してる。auでは現在、タブレット端末の場合はVoLTE用のSIMで提供している。

このVoLTE用のSIMっていうのがネックで、mvnoとは規格が異なる(っぽい)。このため、mvnoでは利用できない。

※LTE回線用SIMはmvnoと互換性がある。このため、LTE回線用SIMを使う昔のスマホ・タブレットであればau→mvnoは可能。だからこそ、ややこしい!

SIMロック解除出来る?

2017年11月までは「auなら中古端末でも手数料払えばSIMロック解除OK」だったが、2017年12月以降は「利用者本人がau離脱後100日まで」であればSIMロック解除を受け付けるという風に変わった。これはdocomo、softbankと横並び。

だからお店で中古で購入した端末をSIMロックフリーにするのは至難の技である。

※SIMロック解除を独自で行う業者もあるのだが、高めのリスクが存在して手軽にできないのでちょっとここでは伏せておく。

iPad auセルラー版の中古は安くても注意が必要だよ!

オークションサイトなどで端末を見てみると、auセルラー版とdocomoセルラー版では6,000〜7,000円の価格差がある。

docomoの方がmvno業者が多いから、選択肢の差かなぁ?とか簡単に考えてたらそうではなかった。ちなみに、auセルラー版とwifi版と比較しても2,000〜3,000円高いだけ。

なんで注意!って書いたかっていうと、ダイコクが中古でauセルラー版のiPad mini4を購入したからである。

はっはっは!買ってから調べたら、上記の状態で後の祭りさ(笑

たまに使う「かも?」知れないから2,000差くらいならいいだろうと思ってポチった。まぁ、2,000円は全力でネタ代ってことで(笑

まとめ

色々と調べてみたが、mvnoではauのSIMロックがかかった端末は利用できないことが分かった。

そういや、iPhone8やiPhoneXもVoLTE専用端末だよね?ってことは注意が必要なのかも?au端末持っていて将来的に売りに出そうとしている人は是非ともにSIMロックは解除してから売ると高値で売れる。

一つ賢くなりました。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。