iPad Pro発表!今年の新製品はコレ!

噂されていた「大きなiPad」iPad Proが発表されました。

ボディサイズも大きいけど、性能も大きいよ!

IPadPro

今年はスペシャルなアイテムが登場しました。シリーズ最大となるiPad Proの登場!

専用のキーボードにタッチペン。用途として、PCの替わりになる事を目指しているようにも感じますね。

iPad Proの特徴

ディスプレイはシリーズ最大の12.9インチRetinaディスプレイ

このサイズ、モバイルノートPCとほとんど同じサイズですね。更に解像度は2732×2048ピクセル。広い!

MacBookPro13インチRetinaディスプレイモデルの解像度が2560×1600。iPad Proのディスプレイを搭載したMacBookPro出ないかな?(割と真面目に)

ディスプレイが大きくなった分、雑誌系の電子書籍は読みやすくなりそうですね。逆に、既存の電子書籍は少し解像度を上げないと粗が目立つものも出てくるかも知れません。

CPUはA9Xチップを搭載

CPUはiPhone6S、iPhone6S Plusに搭載される最新のA9チップの上位版であるA9Xを搭載しています。コレまでの流れだと、”X”付きチップはA9のクロックアップ版という考え方で間違いないかと思います。

また、噂ではメモリも4GB搭載されている模様。さすがにこれだけの解像度を誇り、マルチタスクで仕組みが動くとメモリは潤沢にないとモッサリ動作になりそうです。是非、iPad Air3にも4GBのメモリをお願いします。

まさかの4スピーカーシステム

4隅にスピーカー付いてます.どこからでも同じように音が聞こえる仕組みでしょうか?iPadの場合、ノートPCと違って縦にも横にも使うので4隅にあれば同じように聞こえますね。

ただ、ミズタニは音に対してのコダワリが薄いので、違いが分かる男にはなれない気はしてます。大きいと言っても13インチですし。

バッテリーは10時間駆動可能

これだけ大きくて、CPU性能もガッツリ上がっているのでバッテリーの持ちは悪くなるだろうと思っていたらそうでもないようです。

10時間持てば仕事では困る事は無さそうですね。プライベートでも映画3本は余裕そう。

専用のキーボードが別売される

iPad ProにはApple純正としては初めて、外付けのキーボード「Smart Keybord」が別途販売されます。

このキーボードはBluetooth接続ではなく、SmartConnector(スマートコネクター)という端子での直接接続です。このため、キーボード側に電池も不要だし、ペアリングも不要。コレはミズタニ的には非常にポイントが高い!何?この面白システム。スマートだ。

また、iPadのカバーとしても利用できます。カバーとしてはキーボード部分が少し迫り上がってしまいますが。

Smart Keyboard

iPad Pro – Smart Keyboard – Apple(日本) smart-keybord

専用のタッチペンが別売される

専用の感圧式タッチペン「Apple Penil」も別売ですが発売されます。

デモを見る限り、このペンは細かい作業も出来て、反応速度も速い。デザインする人に取っては必須のアイテムとなりそうです。

面白いのは充電方法。ライトニングコネクタの「オス」が付いているのでコレをiPad Proのライトニングコネクタの「メス」に差し込んで充電します。

充電時間は15秒間で30分使えるという高速充電。最大で12時間駆動。iPad Proよりも長寿命ですね。

iPad Pro – Apple Pencil – Apple(日本) Apple Pencil

価格は10万円を超える?

まだ価格は発表されていません。最近のiPadでは珍しく、タイプが少ないのも特徴。初モデルのため、タイプを絞って大量生産する計画なのでしょう。

容量がWifiモデルで32GBもしくは128GB。Wifi+Cellularモデルは128GBのみ。色はシルバー、ゴールド、グレーとiPadAir2と同じ色を選べます。

128GBに限って言うと、iPadAir2が Wifiモデル75,800円、Cellularモデルが89,800円なのでiPad Proは各15,000円アップのWifiモデル90,800円、Cellularモデル104,800円付近と予想しますがどうでしょう?

ターゲットはデザイナー?

今回の製品は絵が描ける事、繊細な映像編集が出来る事、高画質なゲームがスムーズに出来る事をプレゼン資料の中にちりばめられていました。

ただ、約10万円位しそうなiPad Pro。どんな人が購入するのか?がいまいち見えてきません。ミズタニのようなガジェットバカには新しいこのアイテムは魅力的に見えますが、絵が描けないミズタニに取っては別にiPadでも問題ないと感じます。

やはり、今回のウリであるApple Pencilを使うデザイナー系の人が利用するには良いかもしれません。13インチのキャンパスを持って町中でドヤ顔をしながら景色を模写する・・・芸術の秋ですね!

ミズタニが使うなら

マインドマップとの相性も良さそうですね。コレで書いてEvernoteで管理して・・・って凄いイメージが出来る!

雑誌系の電子書籍も誌面が大きくなるのでとても読みやすそうです。

でも、コレをするために10万円と考えると・・・もう少し安くなってくれれば買う事も検討しちゃいそうです。(以外と32GBモデルが売れるかもですね)

iPad Pro – テクノロジー – Apple(日本) iPad Pro

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。