四日市もっと知り隊検定の問題に取り組んでみることにした

前回のブログでご当地検定である四日市もっと知り隊検定にエントリした事をお伝えしましたが。他県民だった自分にはあと一ヶ月で把握しておく事は結構至難のワザ。なのでブログで問題予想をしながら勉強を進めてみる事にした。

何が出るかな?

ご当地検定を受けるのは初めてのこと。全くもって傾向もわかりません。今年で2回目の開催なので、1回目の過去問とか公開されてないかな?と思って調べてみたところ、発見!こういうのって公開されているんですね。
公開元は主催の四日市商工会議所。回答もアップされてます。

問題の種類

問題の内容としては全部で100問
・四日市の特性を問うもの(四日市市データや市立施設のことなど) 15問
・三重、四日市の歴史を問うもの 17問
・四日市の商工業(歴史含む)を問うもの 12問
・四日市の地場産業・特産品を問うもの 11問
・四日市の産業観光を問うもの 12問
・四日市港を問うもの 11問
・四日市の文化遺産を問うもの 13問 
・四日市の著名人を問うもの 5問
・四日市のオンリーワンを問うもの 4問

問題の傾向分析

ざっと見てみて、多いと思ったのは「人物名」がやたらと出る。また、近年の四日市の発展の肝となった四日市港については特に重点的に出ている印象。 商工業については現在の特定企業をなるべく出さないように歴史問題が多い。分類分けされているけど、「歴史」「人物」についてはどのカテゴリでも出題され ていますね。
著名人を問うものとかの区分けについては別に必要じゃないんじゃ?と思ったり。1回目だから洗練されてない感じ?
前回と違い、今回は70問の出題なので、問題が洗練されているんでしょうね・・・ガラッと変えてきてたら困りますが(と言うより、検定の意味が無くなっちゃう)

できるかな?

傾向として人の名前がいっぱいありました。四日市を知る上で活躍した人を知っておくことは大切かもしれませんが、人ってそんなに重要か?と思うので覚えるの大変だなぁ(人よりも何をしたか?のほうが重要だと思うので)
過去問一回やってみます。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。