ASUS「Zenbook3」スマートさと安さで選ぶならこの機種はおすすめ!

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

ダイコクがPCで好きなメーカApple、VAIOに次ぐASUSから新しいPC「Zenbook3」が発表されました。

コストパフォーマンスに優れたメーカで昔から自作PCを支えてきた実績から安定性も高い。

これはおすすめの一台です。

ASUS ZenBook 3

Zenbook3

新しいZenbook UX390UA。製品の特徴は以下のとおり

カラーバリエーション

縁取りはゴールドが高級感を誘う端末。色は3色から選択できます。

ASUS_ZenBook_3

CPU

Corei7 6500U or Corei5 6200U プロセッサ。

i7はi5に比べて

  • CPU内部キャッシュが1MB多い
  • グラフィック動作周波数が50MHz高い
  • 定格周波数が200MHz(ターボ時、300MHz)高い

という特徴を持ちます。

モバイル用CPUのため、Corei5、Corei7両方ともに2コア4スレッドの製品です。

ダイコク的にはZenbook3は性能を求めるPCではないと思うのでCore i5プロセッサでも必要十分かな?と思います。

メモリ

4GB〜16GB搭載(固定)

この製品は薄さ・デザインを優先させるため、メモリの後乗せが出来ません。その代わり、十分なサイズのメモリを搭載。

ちなみにメモリ規格はDDR3 2133MHz規格です。

グラフィックメモリとして最大1.7GBを利用するため、実質は少し下がります。

ディスプレイ

12.5インチディスプレイにフルHD(1920×1080)を搭載。

12.5インチでフルHDであれば176ppiと十分に高密度。画面の綺麗さも活かせそうです。

グラフィック

チップセット内臓 Intel HD Graphics 520

グラフィック用メモリはメインメモリ共有で1.7GB利用します。

ストレージ

256GB、512GB、1TB SSD

接続方式が2種類あり、通常版のSATA3接続タイプで転送速度が500Mbps前後。

高速版のPCIeGen3接続タイプで転送速度が約4倍の2000Mbps前後。

通常版でもSSDなので十分高速ですが、最近のトレンドはPCIe接続で超速いこと。

インタフェース

イヤホンジャック1つ、USB3.1 TypeC1つ合計2つ。

Macbookと同じく、薄さを追求するため、拡張ポートが非常に少ないですね。

Zenbook3_Interface

価格

999ドル〜1999ドルの間。オプションによって異なります。

2016年6月1日時点では1ドル110円なので11〜22万前後(+α)といった感じでしょうか?

Zenbook3_key

まとめ

Macbook対抗馬として出てきたZenbook3。

拡張端子の少なさから、メイン端末があって2台目のPCといった扱いが良いかと。あとはクラウドで完結できるとか。

個人的にはCorei5のメモリ8GB搭載だったら欲しい。

日本での正式発表が待たれますね!

 

 

 

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。