ぺんてるの「ORENZNERO(オレンズネロ)」は自動で芯が出てくる”夢”のシャープペンシル!

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

自分が子供の頃に夢の商品だった「自動で芯が出続けて芯が折れない」シャープペンシルが開発された!

ぺんてるから新発売のその名も「ORENZNERO」

未来感半端ない!

ORENZNERO

自動で芯が出続けるシャープペンシル

時代は変わったね。自動で芯が出続けるシャープペンシルがこの世に存在していた。

 

ダイコクは大人になってからというものシャープペンシルを使う機会がうんと減った。

大体はボールペンで書き書きする。消せるタイプのね。

 

ボールペンを使う理由は「手軽だから」

ボールペンの特性上、書いても消えないし、インクが無くなるまで書き続けることが出来るから。

また、シャープペンシルの場合は書くのにノッて来たときに「ポキッ!」と芯が折れると萎える。

だからボールペンを使って書くコトが多い。

 

だから自動で芯が出るシャープペンシルなんてものがあるなら興味が沸く。

そんな「浦島太郎」状態だったダイコクが更に驚くべき商品が開発された。

「芯が細いのに折れなくて自動で芯が出続ける」という特徴を持ったアイテム。

それは自分の中で理想的なシャープペンシルじゃん!とガジェットアイテムとして興味津々!

ぺんてる(Pentel)から発売されるORENZNERO(オレンズネロ)

オレンズネロ

今度、ぺんてるから発売されるシャープペンシルはORENZNERO と言う名前。

ORENZ(オレンズ)は折れない

NERO(ネロ)はイタリア後で「黒」のこと

この2つの言葉をつなぎ合わせて作られた造語のようです。

ORENZSYSTEM(オレンズシステム)

ぺんてるのORENZSYSTEMはパイプで芯を守って書く芯の折れないシステムのこと。

サイトの説明によると

芯の減り具合に合わせて、先端パイプがスライドする。芯を守りながら書き進められるから、極細心でも折れません。

今回、発売されるORENZNEROは芯のサイズが「0.2 mm」と「0.3 mm」の2タイプ。

一般的なシャープペンシルの細さは0.5 mmが多いので圧倒的に細いコトが分かる。

細いほど、細かい字も書けるようになるのでありがたい。

そんな極細芯なのに折れないなんて・・・!凄すぎると思いませんか?

自動芯出し機構

ノック不要の自動芯出し機構を搭載。

紙面から離れる度に芯が自動で出てくる機能を搭載。

この機能は本当に夢の機能だと思う。芯のことを気にせずに書くコトに集中出来るもんね。

最高峰のシャープペンシルを手に入れたい

文房具は100円以下から売っている身近なモノだ。

しかしながら、そこには「コダワリ」という付加価値を付けたいと思うのが人なのだ。

 

今回発売されるORENZNEROは「機能美に優れた傑作商品」だと思う。

発売されたら購入を考えたいアイテムの1つのですね。

 

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。