SIMフリースマホ「ZenFoneシリーズ」の性能・特徴を一覧にまとめてみた

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

最近、日本で発表されまくりのASUSのAndroidスマートフォン「ZenFone」シリーズ。多いのは嬉しいけど、新しく出る機種が最先端という訳ではないのでスペックとともに特徴をまとめてみるよ。

ASUS ZenFone Shop

ZenFoneシリーズは各機種に個性がある

ZenFoneはフラグシップ機「ZenFone2」を筆頭に様々な機種展開をしています。様々なテーマに合わせてシリーズを構築しています。

現在、日本で買えるZenFoneシリーズは以下の物があります。

  • ZenFone2(2Type)
  • ZenFone2 Laser(2Type)
  • ZenFone Selfie
  • ZenFone Zoom
  • ZenFone Max
  • ZenFone Go

同じ世代で6つの機種展開を実施しているのです。元々は6機種は世界の経済・IT事情に合わせて各国別に販売されていたのですが日本の場合、すでにスマホが飽和状態の中、MVNOを利用した「2台目のスマホ」の需要が徐々に出始めた事によって、世界で販売されているスマホをとりあえず日本向けに出してみた。といった思惑をダイコクは感じます。

ただ、ダイコクは長らく「キャリアが発表するスマホ=最先端」という図式が成り立つ状況の中で機種を認識していたので次々に発表されるZenFoneシリーズは後出しの方がCPU等の性能が低いので何を買ったら良いのか?が分かりにくかった。今回はそれを図式でまとめてみたよ。

スペック一覧

 ZenFone2
ZE551ML 
ZenFone2
ZE551ML 
OSAndroid 5.0Android 5.0
CPUIntel 
Atom Z3580 2.33GHz
Intel 
Atom Z3560 1.83GHz
ストレージ64GB
128GB 
32GB
メモリ4GB  2GB
ディスプレイ

5.5インチ
フルHD(1920×1080)

5.5インチ
フルHD(1920×1080)  
カメラIN/  500万画素
OUT / 1300万画素 
 IN/  500万画素
OUT / 1300万画素 
バッテリー3000mAh  3000mAh
価格45,800円
49,800円 
 30,800円
製品特徴フラグシップモデル
一番の性能を誇る 
メモリ・ストレージが
少ないタイプ 
型番同じなのでストレージ容量が
32GBだと性能が低くなると覚える 

 

 ZenFone2 Laser
ZE601KL
ZenFone2 Laser
ZE500KL 
OS Android 5.0.2 Android 5.0.2
CPU Qualcomm
Snapdragon S616 1.7GHz 
 Qualcomm
Snapdragon S410 1.2GHz 
ストレージ32GB 16GB 
メモリ3GB  2GB
ディスプレイ

6インチ
フルHD(1920×1080)

5インチ
HD(1280×720) 
カメラ

 IN/  500万画素
OUT / 1300万画素 
レーザーオートフォーカス 

IN/  500万画素
OUT / 1300万画素 
レーザーオートフォーカス 
バッテリー 3000mAh2400mAh 
価格41,800円 24,800円 
製品特徴

Laserはカメラのピント合わせに対して
レーザーを利用し高速でピント合わせする
レーザーオートフォーカスから由来

ZE601KLから性能を落とした製品
基本性能が抑えられている代わりに
格安なモデルとなっている 

 

 ZenFone Selfie
ZD551KL 
ZenFone Zoom
ZX551ML 
OS Android 5.0.2 Android 5.0
CPU Qualcomm
Snapdragon S615 1.5GHz 
 Intel 
Atom Z3580 2.33GHz
ストレージ16GB 32GB
64GB 
メモリ2GB 4GB
ディスプレイ

 5.5インチ
フルHD(1920×1080)

5.5インチ
フルHD(1920×1080) 
カメラ IN/  1300万画素
OUT / 1300万画素 
レーザーオートフォーカス 
 IN/  1300万画素
OUT / 1300万画素 
OUT側光学3倍ズーム 
OUT側レーザーオートフォーカス 
バッテリー 3000mAh 3000mAh
価格 32,800円

49,800円
55,800円 

製品特徴製品名の通りセルフィー(自撮り)に
に焦点を当てた製品。IN側カメラにも
1300万画素のカメラを搭載。
基本性能も高め 
カメラに光学3倍ズームを
搭載した製品。
フラグシップ機と同等の性能を誇る分、値段も高め 

 

 ZenFone Max
ZC550KL 
ZenFone Go
ZB551 
OS Android 5.0.2Android 5.1.1
CPU Qualcomm
Snapdragon S410 1.2GHz 
Qualcomm
Snapdragon S400 1.4GHz  
ストレージ 16GB 16GB
メモリ 2GB 2GB
ディスプレイ

 5.5インチ
HD(1280×720)

5.5インチ
HD(1280×720)
カメラ IN/  800万画素
OUT / 1300万画素 
レーザーオートフォーカス 
 IN/  800万画素
OUT / 1300万画素 
バッテリー 5000mAh 3010mAh
価格 27,800円19,800円 
製品特徴

バッテリー容量が他機種に比べて1.7倍
バッテリー容量に特化した製品。
専用ケーブルを繋ぐ事により他端末の充電も出来る 

各種性能を抑えたエントリーモデル
とにかく安く持ちたい人に 

 

 

まとめ

こうやってまとめてみると、それぞれの機種の特徴がつかみやすいと思います。

そして、それぞれにテーマがある。SIMフリー機を選ぶのに必要なのは「何のためにSIMフリー機を利用するか?」だと思うので参考に!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。