今更ながらに購入したAppleWatchの初期設定の解説

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

AppleWatchの初期設定手順の公開。

IMG 8587

初期設定ステップ

その0:まずは準備から

電池の消耗っぷりが激しいのでまずはしっかりと充電してください

ダイコクの場合、5%充電(電源が入るギリギリ)で作業を始めたらペアリング後に電池切れでダウン。

動作もいまいち安定しない(フリーズする)等の冷や汗を流しました。

その1:言語選択

IMG 8636

言語を選択します。

IMG 8639 

IMG 8642 

その2:iPhoneとのペアリング

IMG 8643 

3Dバーコードとでもいうんですかね?iPhoneにかざすとペアリング出来ます。

IMG 8647 IMG 8651

注意点として、充電が少ないとココでのペアリングが出来ません。

ダイコクはペアリングが出来ないどころかココのタイミングで充電しながらでもApple Watch側のシステムがダウンしましたよ。

自動的にいったん初期化が始まった。。。皆さんは充電はある程度してから作業に取りかかってください。

その3:装着する腕の選択

IMG 8653

これは後から変更することも可能なのでとりあえず着ける手を選択します。

これはモーションコントローラーの動作に関わる箇所なのでココで選択した反対の手に着けるとまともに動作しないので注意が必要。

その4:利用規程に同意する

IMG 8654

その5:AppleIDにログインする

iPhoneで利用しているAppleIDを入力しましょう。

IMG 8655

共有される情報についての説明文

IMG 8656 

 その6:AppleWatchにパスコードの設定

IMG 8657

これはやってもやらなくてもどちらでも良いですが、時計をよく外す人は設定しておいた方が良いかもしれませんね。

パスワードは腕に巻いている限りは装着したはじめの1回だけ入力。

外しているときは1連の操作を始める段階で求められます。賢いので設定しておいた方が無難かもしれません。

その7:AppleWatchの解除をiPhoneで操作するか?選択

IMG 8659

時計を外して、初めて着けたときにパスワードが求められるのですが、ここで解除できるようにしておくと

「AppleWatchを装着する(ロック中)→iPhoneのパスワードを解除する→自動的にApple Watchもパスワードが解除される」

という仕組みが働きます。Apple Watchでパスコード入力もめんどいのでこれを設定しておくと楽です。

また、iPhone側が指紋認証だったら、より便利です。

その8:再起動して完了

今設定した内容で再起動が実施されて使えるようになります。

まとめ

初めての端末のため、戸惑うかと思いきや、ステップ従って作業するだけでした。

一番気をつけなければいけないのは「充電をしっかりしておくこと」動作が不安定になってました。

いきなり初期不良?!とちょっと落ち込んでたんですが、充電をすることで事なきを得ることが出来ました。

 

以上が初期のApple Watchのセットアップ方法でした。

   

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。