iMacの日本語入力を親指シフトに変更する方法@USキーボード

今年の抱負の1つ、「親指シフト」入力ができる設定をiMacに施したいと思います。

Camera Roll 20150829 215550

ミズタニ的Mac環境

ミズタニのMac環境はUSキーボードを利用しています。ネットで検索すると、親指シフトを実践するのは日本語キーボードが一般的のようです。

ミズタニと同じく、USキーボード環境で親指シフトを実践している人をググったところ、いました。そして、USキーボード用に設定をカスタマイズ・公開しているではありませんか。今回はコチラの設定をそのまま利用させていただきます。

親指シフトを実現する方法

こちらの「Qiita」サイトの設定を使用させていただきます。サイトも見やすいです。

実現の方法としては、「Karabiner」というソフトウェアをインストール。KarabinerはMacのキーボード機能を変更する為のソフトウェア。例として、キーボード上の「A」を押下した時にPC上では「Z」が押された事したりできます。また、どのキーが押された事にするか?を設定ファイルで自由に操作できるのです。QiitaではUSキーボードに最適化された設定ファイルも公開しています。ありがたや。

Karabinerのインストール

Karabinerのサイトからダウンロードします。

Karabiner OS X用のソフトウェア Karabiner 10 15 0 dmg を開く と Karabiner OS X用のソフトウェア

ダウンロードしたらインストール。

Karabiner 10 15 0 と ダウンロード Karabiner 10 15 0 のインストール Karabiner 10 15 0 のインストール Karabiner 10 15 0 のインストール

インストールが完了しました。Karabinerはアプリケーションフォルダにあります。

アプリケーション

Karabinerのセットアップ

設定ファイルの配置

まずはQiitaのサイトから、設定ファイルをコピーし、自分のPCに保存します。(2点uso_base.xml、uso_main.xml)

この設定ファイルを以下の場所に保存します。

/users/ユーザ名/Library/Application Support/Karabiner/uso/

ここへの移動の仕方は、Finder上でメニューバー→移動→キーボードOptionを押下すると現れる「ライブラリ」を選択→「Application Support」へ移動で移動できます。

移動したら、Karabinerフォルダを作成して、その下にusoフォルダを作成、上記の2つのファイルを保存します。

Application Support

 

Karabinerアプリケーションの設定

実際にKarabinerアプリケーションを起動します。

恐らく、最初にアクセシビリティ機能がうんたらかんたらというメッセージが表示されるのでシステム環境設定を開き、許可します。

空白 Skitch キャンバス セキュリティとプライバシー

Karabinerの設定ファイル private.xmlの編集を実施する。

private.xmlファイルはKarabinerアプリケーションを一回開くと

/users/ユーザ名/Library/Application Support/Karabiner/ に作成されます。private.xmlを編集します。

Private xml

Karabinerアプリケーションを開いて、Reloadボタンを押下すると「US親指シフト」が表示されます。

Karabiner

Karabinerのキーコンフィグを有効にする

有効にするにはチェックを入れます。チェックを入れた瞬間から親指シフトのキー入力になります。

元に戻すにはチェックを外すだけ。これは簡単。

親指シフトをマスターするぞ!

たったこれだけの設定で親指シフトを実現できます。環境設定は非常に簡単ですね。後はしっかりしっかり親指シフトをマスターしていきたいと思います!

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。