kindle paperwhiteにマンガモデルが登場!ページめくりの速度も上がって快適度MAX!

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

久々にヒットの予感の電子書籍の登場です。その名も「kindle paperwhite マンガモデル!」

kindleでマンガを購入する方、必見です。

Kindle Paperwhite

現状のkindleの弱点

コレまでのkindleの唯一の弱点と言えば保存容量の小ささにありました。どの端末も8GB。

書籍であれば8GBもあれば十分に足りる容量だったのですが、マンガは画を保存するためどうしても容量が不足しがちだった。

というダイコクも、手持ちのkindleにはマンガは入れないし、コレが理由でマンガを積極的には購入しなかった。

kindle paperwhite マンガモデルの特徴

なんと言っても保存容量が4倍の32GBになった事!コレでマンガだと約700冊、書籍であれば数千冊保存できる端末になりました。

これは通常使う分には問題の内容量にまでなりましたね。

また、ページめくり速度が33%アップ!これでパラパラめくりが出来るレベルに進化したと言うことでしょうか?これはうれしい進化ですね。

細かい字があっても大丈夫なようにピンチ&ズーム機能も搭載しており、文字のサイズが均一でないマンガを快適に読むための仕様が満載ですね。

モデルはWifiモデルのみで3Gモデルはありません。元々、3Gモデルは数MBの書籍をダウンロードする仕組みでマンガはダウンロード出来なかった。

となれば、3Gモデルを出してもあまり意味の無いことだという判断なのでしょうね。

まとめ

そろそろ次のバージョンのkindleが出てくる頃かなぁ?と思っていたらこういう進化を遂げてきましたね。

コレはKindleユーザのダイコクには気になる一品です。

発売は2016/10/21から。2016/10現在、プライム会員は4000円OFFになるクーポンチケット配布中。

キャンペーンなしモデルの18280円が14280円で購入できる。これは気になってしまいますね。

kindleでマンガを読む方は購入を考えてみては如何ですか?

 

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。