MacのキーボードをUSキーボードからJISキーボードに変更!慣れないと誤爆が多くなるよ!

広告

ガジェット大好きダイコク@三重県ブロガーです。

MacのキーボードをUSキーボードからJISキーボードに変更しました。

USキーボードマニアだったダイコクがJISキーボードを使ってみようと思った理由をシェアしてみたいと思います。

IMG 4199

USキーボードが良いと思える理由

単純にキーボードの見た目のかっこよさに惹かれたから!

これが一番の理由です。

全体的なキー数がUSキーボードの方が少なく、見た目のシンプルさが分かり易かった為、これまで使っていました。

会社のWindowsPCはJISキーボードのため、職場と家庭で違うキー配列だと迷うこともあるのでは?と懸念していた時期もありましたが

 

全ては慣れ

 

この一言に尽きます。ダイコクも慣れたんですよね。このキー配列に。

だからこそ、見た目がシンプルなキーボードということでこれまでUSキーボードを愛用していました。

JISキーボードを購入した理由

USキーボードが好きなダイコクがなぜにJISキーボードを購入したのか?

全ては

 

今後、親指シフト入力を覚えるため

 

この一言に尽きます。

あと、副産物的なことを言えば、JISキーボードだとビックカメラ等の量販店でも持ち帰り購入できる。

量販店購入だとポイントが付いたり、割引していたり等でお得に購入できるのもポイントですね。

JISキーボードにしてみてのファーストレビュー

通常、USキーボードを利用しているユーザ向けの記事になりますが

この記事を書くにあたり、早速JISキーボードにチェンジして打っているのですが・・・

「誤打が多い!」

と言うことに気づきますね。通常、ブラインドタッチで入力しているので指が

 

大体このへん

 

っていうのを覚えているのですが

【Enterキー】と間違えて【」】を押下してしまう(USキーだとその位置はEnterキー)

っていう誤爆が多いです。

USキーボードに比べてJISキーボードはキー数が多いので、キー間隔が狭くてしばらくは誤爆が続きそうです。

ただし、「全ては慣れ」と言うことで慣れていきたいと思います。

まとめ

今のところ、USキーボードの方が使いやすいです。

でも、親指シフト入力を覚えるためにはJISキーボードである事が必要不可欠なわけです。

一旦、効率を落としても将来的な投資のために徐々に慣れていきますよ。

 

 

 

 

 

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。