Razerから4KトリプルディスプレイLAPTOPのコンセプトPCを発表

ダイコクナオキ@ガジェットバカ(@N_Daikoku)です。

久々にぶっ飛んだコンセプトPCが出てきましたょ!

こういう製品がこれからの時代には必要なのかも知れない?

Gadget

コンセプトモデル

ゲーミングノートPCを数多く販売するRazer社から新しいコンセプトPCとして「PROJECT VALERIE」が発表!

今回のPCの最大の特徴として、17インチ4Kディスプレイを3枚搭載しているノートPCだと言うこと。

しかも、この3枚のディスプレイは電動で展開される!

4Kディスプレイ3枚で、12Kモニタだっ!とメーカでは言っています。間違ってはいない。

GPUはデスクトップ向けの最高峰GeForceGTX1080を搭載

このPCはRazer社らしく、ゲーミングノートPCとしての利用を考えられています。

そこで搭載されるGPUはNVIDIAのGeForceGTX1080を搭載!このGPUは2017/1現在で一般的に購入する中で一番高性能のGPUです。

ノート用では無く、デスクトップ用のGPUを搭載することによって3Dもヌルヌル動くんです。

解像度は11520×2160なので実はGeForceGTX1080でも激しい動きの3Dゲームは厳しいモノもありますが

ノートPCで動くことを考えれば及第点なんだと、PCではゲームをやらないダイコクは思います。

 

しかし、この4Kトリプルディスプレイを搭載したコンセプトPCが一番真価を示すのは「映像・画像編集」だと思います。

4Kディスプレイが3枚もあるので色々な画面を表示した状態で編集作業するような事例にピッタリ!

液晶サイズも17インチ×3枚なのでサイズ的にも使いやすいですしね。

 

CPUは未発表ながらも性能はデスクトップPCに引けを取らない 

熱処理は大丈夫なんかな?と思ってしまう程の性能。

CPUは未発表なのでモバイル向けなのかデスクトップ向けなのか?はまだ分かりませんが

仮に最高性能を求めるためにデスクトップ向けが搭載されるとするとそれなりに発熱します。

また、ラップトップ型のノートPCとありますが、モノ的には持ち歩く用のPCではないのでコンセント接続は必須ですね。

まとめ

こういうコンセプトモデルを見るとワクワクするのはガジェット好きだけでしょうか?

恐らく、値段的には60万円前後だと推定されます。(もう少し高いかも?)

 

こういう製品がブラッシュアップされていって将来的な普及PCに繋がっていく訳ですのでバカに出来ないですね。

最近のPC業界は低価格PCしか売れないような風潮があるのでこういう製品に頑張って欲しいです。

 

 

広告

ABOUTこの記事をかいた人

三重県ブロガーでガジェッター 毎日をワクワクの出来事でいっぱいに! 気になったガジェットの紹介から始まり ダイコクが購入したガジェットのレビューをメインに更新中。 日々の生活の中での「ワクワク」を文章にしてお届け。 二児のパパでもあり、イクメン活動中。 本も年間100冊くらい読んでます。 自分の中の気づきも定期的にエントリとして綴っています。